調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

新生児の混合栄養の方法は?母乳とミルク混合の時のすすめかた

2017.9.13

母乳で赤ちゃんを育てていきたい!と思っても、上手く進まないこともあります。

新生児からの混合育児はどのように進めていけば良いのでしょうか?

赤ちゃんが産まれたままに、新生児からの混合育児のすすめかたについてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

会話ができない病気や会話が苦手など会話についてご紹介します!

人と話しているときにすんなり言葉が出てこなかったり、話が進まなかったりなんてことありますよね。 ...

嘔吐した時に子供に食べさせて良い食べ物は?まずは水分補給から

子供が嘔吐してしまった時、どんな食べ物のを食べさせればよいかわからずに悩んでしまいますよね。 ...

自転車に乗ると身長が伸びるのは本当なのかについて!

自転車に乗ると身長が伸びるって聞いたことありますか? 身長が本当に伸びた人はいるのでしょうか?...

りんごとバナナの栄養素、女性に嬉しい効果がたくさん!

昔から「医者いらず」として知られるりんご。 バナナも栄養が豊富で朝食に食べているという方も多い...

ランニングのダイエット効果はいつから現れる?徹底調査!

ダイエットが目的でランニングやジョギングなどを始める女性も多いでしょう。 でも、効果が出る前に...

肌荒れや吹き出物に悩む30代女性必見!その原因と対処方法

30代からの肌荒れや吹き出物に悩んでいませんか? 若い時は肌のトラブルに悩んだことがなかったの...

みんな経験する?目がチカチカしたり残像が残る原因をご紹介!

ふとした時に目に残像が残ってしまう…。運転中などの時はこの残像って邪魔で仕方ないんですよね! ...

虫歯を放置すると大変!虫歯になりやすい奥歯は特に注意です

歯が痛くても忙しくてなかなか歯医者に行けず、虫歯を放置してしまう人もいることでしょう。 しか...

うつ病との接し方をお探しの方へ~恋人や自分がなった時は~

近年、うつ病などの精神疾患を患ってしまう方が、急激に増えています。 大切な恋人がうつ病になって...

食後に水っぽい下痢をしてしまう時に考えられる原因や予防方法

食後になるとお腹がぐるぐる・・・水っぽい下痢が出てお腹を下してしまう症状が頻繁に起きてしまうと、何か...

目の充血はコンタクトが原因?気になる原因と対処方法について

コンタクトをつけると目が充血してしまう・・・。こんなときはどうしたらいいのでしょうか? 考えら...

部屋の乾燥を霧吹きで防ぐ方法をご紹介します!

乾燥した部屋で過ごしていると喉が痛くなったり肌が痒くなったり…。 でも加湿器はないしどうしたら...

部屋の乾燥に困ったらマスクを付けよう!その効果的な理由

部屋が乾燥する季節には、マスクを付けたり、濡らしたタオルを干すなど部屋の加湿をすることが大切です。 ...

赤ちゃんが生まれるタイミングとは?気になる不安を解決

初めての出産だと赤ちゃんが生まれるタイミングがいつなのかわからずに不安になりますよね。 私も、...

献血の基準が厳しいのはどうして?気になる献血について

献血をするには、献血ができるかどうかの基準があるのを知っていますか? その基準はけっこう厳しい...

スポンサーリンク

新生児の混合育児のすすめかたは?

母乳で赤ちゃんを育てていきたいと思っていても、最初の頃はあまり母乳が出ず、量が足りていないということもありますよね。

そんな時はミルクの力を借りることになりますが、母乳をたくさん出せるようになるためにも、ミルクを上げる前に必ず母乳を吸わせるようにしましょう。

そうすると母乳の分泌が促されるようになります。左右を十分に吸わせて、頻回授乳を心がけましょう。

赤ちゃんがたくさん泣くからおっぱいが足りていないのかな?と思うかもしれませんが、一日のおしっこの量が6回以上出ていて、平均的な体重であれば問題はありません。

母乳不足が心配な場合は、1回に30~40mlのミルクを足してあげましょう。ミルクは母乳よりも消化に時間がかかるので、あまり量を上げすぎてしまうと、授乳間隔があいて母乳の分泌量が少なくなってしまうことがあります。

生後3か月頃までは、与えただけミルクを飲んでしまうので、飲んだ後に吐いたりぐずるようであれば量が多い可能性があります。ママが飲む量を調整してあげるようにしましょう。

新生児の混合育児のすすめかた~ミルクメインの場合

母乳メインの育児からミルクメインの育児に切り替えたい時、それまで母乳しか飲んだことのなかった赤ちゃんは最初ミルクを飲まないことがあります。そんな時は、まずは哺乳瓶に慣れさせることから始めます。

哺乳瓶で遊ばせたり、ゴム乳首をくわえさせるなどして哺乳瓶に慣らしていき、慣れてきたら搾乳した母乳を入れて飲ませます。哺乳瓶の乳首は柔らかいので、ママのおっぱいよりも簡単に飲むことが出来ます。

授乳の時は、ミルクから先に飲ませるようにしましょう。ミルクを嫌がって飲まない時は母乳をあげます。ミルクを飲ませる時は、抱っこして話しかけながら、スキンシップを取るようにしましょう。

ミルクは母乳よりも体重が増えやすいので、体重管理もきちんとしてあげましょう。

また、ママの母乳のケアも大切です。母乳が溜まったままになっていると、乳腺が詰まって乳腺炎になることもありますので、搾乳するなどしてケアを怠らないようにしましょう。

新生児の混合育児のすすめかた~母乳をたくさん出すために

母乳で育児をしたい場合、あまり母乳が出ない時はどのようにして出す量を増やせばよいのでしょうか?

赤ちゃんがお腹が空て泣いた時、ママのおっぱいが張っていなくても、まずは母乳を吸わせるようにしましょう。あまり量が出ていなくても、赤ちゃんが泣くたびに吸わせてあげて、それを繰り替えして行います。

そうすると、赤ちゃんが泣く頻度が増え、1時間に1回のペースで母乳を吸わせるようになってしまうこともあると思いますが、母乳で赤ちゃんを育てていきたいと思うなら、これを繰り返していくのが良いです。

こうやって行くことでママが疲れ、ストレスを感じてしまうようであれば、少しミルクを足して飲ませてあげるのも良いでしょう。この時、赤ちゃんが満足する量を与えるのではなく40~60㏄位を目安にし、授乳感覚が開きすぎるのを防ぎます。

ママは、赤ちゃんが満足する量の母乳を飲ませてあげられずに辛い気持ちになるかもしれませんが、新生児のころは満腹中枢がまだ発達していないため、いくらでも飲んでしまうこともあります。あまり気にしすぎないようにしましょう。

母乳とミルクを混合で飲ませる時の理想的な形は?

母乳とミルクの混合で育児をする場合、一番良い方法は何なのでしょうか?

「母乳の回数を多くしながら、少量のミルクを足して飲ませる」これが理想的な形になります。ミルクを足して飲ませる時も、一日で合計200㏄を超えないようにミルクを足すのが良いでしょう。

混合の場合、ミルクの回数を増やさないようにするのも大切です。

ミルクだけしか与えないことがあると、その分おっぱいを吸う機会が減ってしまいます。上手くママのおっぱいをのめない赤ちゃんの中には、哺乳瓶の吸い口に慣れてしまっている赤ちゃんもいます。

そういった場合は、ママのおっぱいに慣れてもらうことも大切になりますので、もし哺乳瓶を使う時でも、簡単に飲めない作りの物を選ぶようにしましょう。

ミルクを飲ませず、母乳しか与えない回を作ることも大切です。赤ちゃんはすぐお腹を空かせてしまうかもしれませんが、そうすることで母乳の分泌量を増やすことも出来ます。

母乳のことで悩まないで!赤ちゃんはママのことが大好きです

母乳で赤ちゃんを育てたいと思うのは、哺乳動物の本能でもあります。母乳が作られる量を増やすには、赤ちゃんにたくさんおっぱいを吸わせることが大切になります。

「母乳だけで育てるのは大変そう」「自分は母乳育児ではなかった」と思って、自信を無くしてしまうと、おっぱいを吸わせる回数もだんだん減ってきてしまいます。

母乳だと赤ちゃんがどれだけの量を飲んでくれているかわからないですよね。それが不安だから目盛りのついている哺乳瓶でミルクを飲ませたいと思うママたちもいるようです。

混合栄養で赤ちゃんを育てる時は、どれくらいの量のミルクを追加したらいいのか悩むと思います。

でもその前に。本当に母乳の量は足りていないのですか?本当に混合栄養にする必要があるのですか?もう一度考えてみてください。

「入院中は母乳がたくさん出ていたのに、退院したら量が減ってしまった」というのであれば大丈夫!母乳の量が急激に減ってしまうことなんてないのだと、自信を持って育児をしてください。

赤ちゃんが泣いていると、母乳の量が足りなかったのではないかと不安になると思いますが、赤ちゃんが泣く理由はお腹が空いているだけではありません。

退院して、ママが不安を抱えていることが伝わり、赤ちゃんが心配しているのかもしれませんね!赤ちゃんはママのことが大好きですよ。

 - 健康と医学