調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

自転車と徒歩はどちらが痩せる!?ダイエット効果の違いとは

2017.9.12

ダイエットをしようと思ったときに、すぐに誰でもはじめやすい自転車と徒歩(ウォーキング)ではどんなダイエット効果の違いがあるのでしょうか?

自転車も徒歩もどちらも通勤などに取り入れやすいですよね。

そこで、ダイエット効果の違いやそれぞれのメリットなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

産後は実家に帰りたい!そんな方への注意点はコレ

産後は実家でゆっくりしたい、帰りたいというママ多いのではないでしょうか? しかしあまり長く実家...

レトルトカレーに栄養はあるの!?栄養価とちょい足しレシピ

多くの家庭に常備してあるレトルトカレー。時間がない時や冷蔵庫に食材がない時など助かりますよね。 ...

妊娠中、車に長距離のる時のポイントとは?妊娠中の車の乗り方

車に長距離乗るとき、妊娠中はいったいどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? つわりに個人差...

妊娠中の日記をノートに残そう!マタニティダイアリーのつけ方

妊娠中にその時の様子を日記に残しておく妊婦さんもたくさんいます。 自分のお気に入りのノートを使...

献血の基準が厳しいのはどうして?気になる献血について

献血をするには、献血ができるかどうかの基準があるのを知っていますか? その基準はけっこう厳しい...

基礎体温を測るとき夜中にトイレに起きた場合の測り方とは!

毎日基礎体温を付けて自分の体のリズムを調べている女性もいると思います。 基礎体温は朝目覚めたと...

医者のお給料は安い?お給料の差の分かれ道とは?

お医者さんのお給料事情とは?医者のお給料は高いとは限らない!? 医者のお給料が安いケースや働き...

インフルエンザの免疫はいつまであるの?去年かかった場合

インフルエンザの免疫っていつまで残っているのかご存知ですか? 去年インフルエンザにかかった場合...

風邪の時に飛行機に乗ると耳抜きができない!?対処方法について

飛行機に乗ると、耳が痛くなることがありますよね。しかし、すぐに痛みがひく人と続く人がいると思います。...

里帰り出産はストレスが溜まり帰りたいと思う○○な理由

住み慣れたはずの実家で、久しぶりに里帰り出産でお世話になろうと帰ったもののなんだか気が休まらずストレ...

りんごとバナナの栄養素、女性に嬉しい効果がたくさん!

昔から「医者いらず」として知られるりんご。 バナナも栄養が豊富で朝食に食べているという方も多い...

ヤクルトの効果は飲む時間によって変化はある?徹底調査!

健康に良いと言われている「ヤクルト」。宅配を依頼して飲んでいる人も多いでしょう。 でも、その効...

みんな経験する?目がチカチカしたり残像が残る原因をご紹介!

ふとした時に目に残像が残ってしまう…。運転中などの時はこの残像って邪魔で仕方ないんですよね! ...

会話ができない病気や会話が苦手など会話についてご紹介します!

人と話しているときにすんなり言葉が出てこなかったり、話が進まなかったりなんてことありますよね。 ...

チョコレート依存症って何?大量に食べるのは心身に影響アリ!

チョコレートを食べると幸せな気持ちになれる。そうは思いませんか? でも毎日のように大量に食べて...

スポンサーリンク

自転車と徒歩のカロリー消費にはどんな違いがあるのか?

ダイエットをはじめようと思っていても、なかなか運動って続けられないですよね。

そんな時に、通勤など生活の中に簡単に取り入れることができるのが、自転車や徒歩(ウォーキング)です。では、自転車と徒歩のカロリー消費にはどんな違いがあるのでしょうか?

例えば、徒歩でゆっくりと1時間くらい歩いたとしたら、平均的な男性で約195kcalの消費になり、平均的な女性で約130kcalの消費になるそうです。これが早歩きになると、平均的な男性で約340kcalの消費になり、平均的な女性で約230kcalの消費になるそうです。

また、自転車で1時間走った場合は、平均的な男性で約270kcalの消費、平均的な女性で約185kcalの消費となるそうです。このように、早足で歩くのが一番効果的にカロリーを消費することができることがわかります。

通勤でのダイエット効果!自転車と徒歩での違いとは?

自転車か徒歩で通勤した場合は、どちらの方がよりダイエット効果があるのでしょうか?これは、それぞれに効果はあるそうですが、徒歩の方がより下半身の運動効果があり、歩くことで上半身にも刺激が加わるのでよりダイエットに効果的と言えます。

逆に、自転車だと主に太ももへの刺激がありますが、徒歩に比べると身体への負担が少なく運動の効果も減ってしまうでしょう。ただ、自転車は徒歩に比べて通勤時間を短縮できるので、ダイエットと時間短縮の両方の効果がありますよ。

ちなみに自転車と徒歩では、徒歩で毎分100mと自転車で時速16kmの場合は、1分当たりの消費カロリーが変わらないそうです。

ですから、よりダイエット効果が期待できるのは徒歩やランニングとなりますが、通勤に距離がある場合は、自転車で往復するのも効果的で、なおかつ時間短縮もできるのでオススメです。

自転車と徒歩による足の負担の違いについて

自転車と徒歩を比べたとき、目的地に一番早く着くのは自転車ですよね。しかし、信号待ちなども考えると自転車は運動の時間がそれほど長くありません。

なので、自転車と徒歩を同じ距離への移動で考えたとき、運動する時間は自転車よりも徒歩の方が、運動する時間が長くなりますし、徒歩の方が自転車よりもダイエット効果があるでしょう。

ただ、いつもは電車で移動しているところを自転車での移動に変えてみたり、今まで運動していなかった空いてる時間にサイクリングをしてみたりすることは、ダイエットの効果が十分期待できます。

そして、身体への負担を考えた場合、自転車の方が徒歩やランニングに比べると、自分の体重を脚で支えていないので、膝を痛めたりもしにくいですし、足への負担は少ないと言えます。

ですから、ダイエットを考えた場合、自転車の方が無理なく続けられるかもしれませんね。

自転車とマラソンならどちらがダイエットに適してる?

ダイエットに適しているのは、自転車とマラソンどちらなのでしょうか?世界的に有名な自転車のレースがありますが、この自転車のレーサー達は1日に150キロほどの距離を自転車で走っています。

その1日の消費カロリーとは7000キロカロリーにもなるそうです。体脂肪率も5%にもなるそうです。

そして、自転車は消費カロリーが高い割には身体への負担が少ないため、年間でのレースの数が多いのです。逆に、マラソンもかなりの消費カロリーを期待できますが、レースの数はプロで年間2レースほどになります。

そう考えると、消費カロリーも高いのに身体への負担が少ない自転車の方が、長期間にわたっても続けられるためダイエットに適しているのではないでしょうか。

どんな時でも無理なくできる自転車!エアロバイクがオススメです!

ウォーキングやランニングというのは、いつでも誰でもすぐにはじめることができるので、ダイエットに取り入れやすいですよね。

しかし、毎日続けるのは身体にも負担もあるし、だんだんツラくなって続けられないかもしれません。同じように、気軽にはじめやすいのが自転車です。

実は自転車をこぐことは、ウォーキングやランニングをするよりも消費カロリーが高いのです。いつもの通勤や買い物などの交通手段を自転車に変えるだけでも、かなりのダイエット効果が期待できますよ。

しかし、自転車は雨の日や寒い冬の日などは使うことが難しいですよね。そんな時に活躍するのが、ジムに置いてあるようなエアロバイクがオススメです。エアロバイクであれば、天気も気にすることなく、外で自転車をこぎたくない時でも使うことができます。

また、自転車によって消費カロリーをより効果的にするには、自転車に乗っている姿勢に気を付けることが大切です。そして、ペダルをこぐときにも負荷が効いている部分を意識しながらこぐのがポイントになります。

時速20キロを30分ほど自転車をこぐのを続けることで、その同じ時間ウォーキングしたよりもより多くのカロリーを消費することができるそうです。

 - 健康と医学