調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

眼鏡の度数がきついときの対処方法について紹介します

2017.9.3

度数のきつい眼鏡をかけると、体にこんな影響が出てしまうんです!?

きつい度数の眼鏡がダメな理由にはいったいどんなものがあるのでしょうか?

上手なメガネの選び方とは?気になる眼鏡の度数について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

韓国の女性はタバコを吸わない理由を調べてみました。

韓国では日本の女性にに比べて、タバコを吸う女性が少ないそうです。そういえばあまり見たことがないで...

親から子供の性格は遺伝すると言われるのは本当なのか?

子供の性格というのは、どのようにして形成されていくのでしょうか? それは親の遺伝なのでしょう...

声は変えることができる?手術にはリスクがつきものです

自分の声が気に入らなくて、変えることができないか悩むことってありますか? 中には、手術してまで...

足の爪が伸びない気がする?親指と小指でも伸びる早さが違う

爪を切ろうと思ったら、足の爪があまり伸びていない。というか爪が伸びない? 親指の爪は厚みもある...

みんな経験する?目がチカチカしたり残像が残る原因をご紹介!

ふとした時に目に残像が残ってしまう…。運転中などの時はこの残像って邪魔で仕方ないんですよね! ...

赤ちゃんが生まれるタイミングとは?気になる不安を解決

初めての出産だと赤ちゃんが生まれるタイミングがいつなのかわからずに不安になりますよね。 私も、...

缶詰のフルーツでビタミンチャージ!手軽に楽しむ方法

風邪を引いたときなどにフルーツの缶詰を食べると途端に元気になったりしませんか? フルーツの缶詰...

目に感じる違和感やまぶたに感じる違和感は○○が原因!

普段の生活で目に違和感を感じたりまぶたが重いなぁと感じたことはありませんか? 目に起こる症状は...

給食で牛乳を拒否する方法や理由など給食の牛乳について

給食で牛乳って必ず出てきてあるのが当たり前になっていますよね。 しかし、アレルギーなどで牛乳が...

人気のヤクルトとヨーグルト・・・その違いを理解しよう!

乳酸菌が含まれているヤクルトとヨーグルト。どちらも健康に良いと言われていますが、気になるのはその「違...

献血の基準が厳しいのはどうして?気になる献血について

献血をするには、献血ができるかどうかの基準があるのを知っていますか? その基準はけっこう厳しい...

お腹の脂肪はマッサージでスッキリ!美ボディになろう!

ダイエットをしよう!と思って一生懸命運動をしても、なかなか落ちないのが「お腹の脂肪」です。 ポ...

手や足にできる小さい水疱の正体は?早めに治療するのが吉!

手や足に小さい水疱を発見。かゆみはありますか?何度か繰り返していませんか? かゆみがあったり頻...

空腹時の吐き気や微熱の症状がある食べづわりについて検証

妊婦さんの悩みのタネの「つわり」・・・微熱や頭痛や吐き気など、人によって様々な症状があらわれます。 ...

目の充血はコンタクトが原因?気になる原因と対処方法について

コンタクトをつけると目が充血してしまう・・・。こんなときはどうしたらいいのでしょうか? 考えら...

スポンサーリンク

眼鏡の度数がきついとどうしていけないの?

眼鏡の度数は、目にあったものが一番ですがまた視力低下が進むのならちょっときつめにしてしまうこともあるのではないでしょうか?

子どもの場合またすぐに眼鏡を作りかえるのなら、少しきつめでとお店で言われるかもしれません。しかし、このきつめというのは目に負担がかかってしまうのです。

近視のメガネの場合は遠くがよく見えるように作りますが、度数が強いとそれだけ近くを見るときに目のピントを合わせようと強い力が必要となります。このため、ピントを調節する目の筋肉を酷使してしまうので疲れやすくなってしまいます。

普段の生活では、遠くを見る、近くを見るを繰り返すので常に目を緊張させている状態になるので両目で「1.0」という視力が適切と言えるでしょう。

普通運転免許であれば、両目で「0.7」以上の視力となっているのできつすぎる眼鏡をかけなくともよさそうですね。

眼鏡の度数がきつい時の対処方法は?

眼鏡の度数がきつい・・・違和感があるはフィッティング調整をしてもらうことで軽くできます。また、フィッティング調整のしやすいフレームを選ぶことで違和感の少ない眼鏡になるでしょう。

眼鏡の度数が気になるのは、気持ち的な要素も大きいのでメガネをかけているときはまず好きなことをして眼鏡をかけているのを忘れてしまうといいでしょう。ただ、熱中しすぎて時間を忘れてしまわないようにご注意ください。

違和感は気にすればするほど気になってくるものなのでご飯を食べる間だけ、ゲームをするときだけ、テレビを見るときだけのようになにか目的を準備して眼鏡をかけて慣れていくといいかもしれません。

度数のきつい眼鏡と丁度いい眼鏡の併用もおすすめです。

はじめて眼鏡をかける場合は、実際より大きく見えたり、傾いて見えたり、ゆがんで見えたり、イライラしたり、気持ちが悪くなってしまうこともあるのでなかなか目に馴染まないときは眼鏡屋さんに行きましょう。

眼鏡の度数がきついものを最初からつけるとダメな理由

度数の強い眼鏡は、見え方の歪みが大きいものや見え方に違和感があったりします。初めて眼鏡をかける人であればなおさらそう思うかもしれません。

その違和感に慣れることができなくて、使用するのが難しい場合も。メガネをかけるだけで疲れてしまうと、かけることが嫌になり気がつくと目の状態にメガネが合わなくなってしまうこともあるでしょう。

眼鏡の度数がきついものを、そもそも選ばないようにすることはもちろんのこと徐々に慣らすことが大切です。眼鏡に慣れるまでは5日から一週間くらいは様子をみましょう。

眼鏡の度数がきつすぎたり合っていないと、頭痛・腰痛・首の痛み・肩こりの原因になることもあります。

眼鏡をかけ始めたときにも、起こる症状ですが普段かけているメガネの度数が合っていない場合にもこうした症状が出た場合には度数があっていないのかもしれません。定期的に、メガネ屋さんや眼科に通うことが大切です。

度数のきつい眼鏡レンズの違和感を少なくするには?

度数のきつい眼鏡は、目や肩、首に影響を与えてしまいますが、その影響を少なくするためにはレンズと同じくらいフレームを選ぶときにも注意が必要です。

近視の眼鏡(マイナスレンズ)は、掛けた時に目の位置に来るレンズの中心は薄く、そこから離れれば離れるほどに厚みが増すものとなっています。

ですので、レンズの横幅が広くなるフレームを選ぶと厚みが増えてしまいます。遠視や老眼鏡などのプラスレンズは、レンズの中心が厚く、離れるほどに厚みは薄くなります。そのため、重くなってしまうのです。

顔幅や目幅に合わないメガネフレームを選んでしまうと、窮屈だったり見栄えが良くなかったり、余計な負担が目に掛かってしまうことに。

フレームを選ぶときには、眼鏡のレンズの重さはなかなか知ることができないのでこういったことも相談しながら眼鏡を選ぶといいでしょう。

いいレンズ、フレームはそれだけ値段が高いものとなってしまいますが毎日、何年も使う予定があるのであれば自分の目の負担を考慮しましょう。

自分にあった眼鏡を選ぶコツ

正しい眼鏡を知っていれば、違和感も少なくあなたの顔に合ったものを探すことができます。

しかし、全部においてピッタリと合うものは難しいかもしれません。違和感がゼロというのはほとんどないに等しいのです。

度数選びは、年齢、用途、用法、違和感などを考え、何を優先させて何を妥協するかの選択も重要となってくるでしょう。使用目的や違和感のどちらかを優先させるかによって基本度数から弱めるのか、強めるのかを選択してください。

フレーム選びのポイントは眼鏡をかけたときにレンズの中心に目がくるものを選びましょう。フィッティングにより調整することもできますが、はじめからこのレンズの中心に目がくるものを選ぶと目の負担も軽く見栄えのいいものとなります。

また、フレームの上のラインと眉毛のライン、フレームの下のラインと下唇のラインのそれぞれカーブが合っていると似合う眼鏡と言われているのでぜひ参考にしてみてください。

 - 健康と医学