調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

人生は長いか短いか。長ければいいというわけではないはず

2017.9.10

人生80年と考えると、長いと感じますか?それとも短いと感じますか?

残りの人生はあと何年あるでしょう。本当のところ、それは誰にもわかりません。

人生は長さよりも、その内容と濃密さ、いかに充実したかが大切なことではありませんか?人生の長さと、その過ごし方について考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

妊娠中、車に長距離のる時のポイントとは?妊娠中の車の乗り方

車に長距離乗るとき、妊娠中はいったいどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? つわりに個人差...

基礎体温を測るとき夜中にトイレに起きた場合の測り方とは!

毎日基礎体温を付けて自分の体のリズムを調べている女性もいると思います。 基礎体温は朝目覚めたと...

肌荒れや吹き出物に悩む30代女性必見!その原因と対処方法

30代からの肌荒れや吹き出物に悩んでいませんか? 若い時は肌のトラブルに悩んだことがなかったの...

癌はリンパ節への転移が病状の進行に大きな影響を与える!

癌は昔に比べれば「不治の病」ではなくなってきています。しかし、リンパや血液への転移があると、全身に広...

献血の基準が厳しいのはどうして?気になる献血について

献血をするには、献血ができるかどうかの基準があるのを知っていますか? その基準はけっこう厳しい...

ヘルペスウイルスが原因で起こる目の病気。放置すると重症化も!

ヘルペスウィルスは目にも感染するってご存知ですか? ヘルペスと聞くと疲れたときや免疫が下がって...

産後は実家に帰りたい!そんな方への注意点はコレ

産後は実家でゆっくりしたい、帰りたいというママ多いのではないでしょうか? しかしあまり長く実家...

うつ病との接し方をお探しの方へ~恋人や自分がなった時は~

近年、うつ病などの精神疾患を患ってしまう方が、急激に増えています。 大切な恋人がうつ病になって...

インフルエンザの免疫はいつまであるの?去年かかった場合

インフルエンザの免疫っていつまで残っているのかご存知ですか? 去年インフルエンザにかかった場合...

新生児の混合栄養の方法は?母乳とミルク混合の時のすすめかた

母乳で赤ちゃんを育てていきたい!と思っても、上手く進まないこともあります。 新生児からの混合育...

腕立てしても筋肉がつかないのはなぜ!?筋トレや食事を見直そう

筋肉質な二の腕に憧れて、筋トレにチャレンジしようと思っている方がいらっしゃいますよね。 ぷよぷ...

高校生のダイエットでおすすめなのは?男子はここに注意しよう

高校生のときに無理なダイエットをすることで、のちのちこんな大変なことが起きてしまうかもしれません!?...

声は変えることができる?手術にはリスクがつきものです

自分の声が気に入らなくて、変えることができないか悩むことってありますか? 中には、手術してまで...

親から子供の性格は遺伝すると言われるのは本当なのか?

子供の性格というのは、どのようにして形成されていくのでしょうか? それは親の遺伝なのでしょう...

手や足にできる小さい水疱の正体は?早めに治療するのが吉!

手や足に小さい水疱を発見。かゆみはありますか?何度か繰り返していませんか? かゆみがあったり頻...

スポンサーリンク

人生は長いか短いか。年代でも変わる人生の長さの感じ方

平均寿命が男女とも80歳前後の日本。単純に80年とういう年数を聞くと長く感じますが、自分が過ごしてきた時間を考えると、その感じ方は違うようです。

30代くらいになると「1年ってこんなに早かったかなぁ」と感じる人が増えてきます。40代、50代と歳を重ねるごとに月日の過ぎるのが早く感じられるという意見が多いですね。

豊臣秀吉は60年余りの波乱万丈の人生を全うしましたが、自分の人生を「夢のまた夢」と表現しています。歴史的に残ることを成し遂げた野心家であっても、人生を振り返ったとき「露のようにはかなく消えていく生涯である」と。

昔も今も、人は過ぎた時間を振り返るとき「短い」と感じてしまうものなのでしょう。

子供の頃、世界は知らないもので満ち溢れ、出会うもの全てに感動があります。大人になると、見慣れたものばかりが増え、感動や刺激が薄れて良く。そんな感じ方の違いも人生の長さを違って感じさせているのではないでしょうか。

長い人生か短い人生かよりも、充実して生きたかどうか

十代の学生時代、この先何十年も生きて行くのかと思っていたのに、気が付けばもうすぐ30代。時間の流れ方に加速がついているのではないかと思ってしまいます。

1つ1つ、1年1年の出来事を思い返すと、なるほどそんなに過ぎたのかと思うものの、納得するようなしないような。では、どうすれば人生を長く楽しむことができるのでしょうか。

自分なりの時間の使い方を見つけていく、自分が主体的にやりたいことをする時間を確保することが大切なのではないでしょうか。

使われて仕事をするだけ、しなければいけないからこなすだけの生活では、平坦で面白みのない人生を淡々と浪費してしまう。自分の人生について、立ち止まってじっくり考えてみると見えてくるものもあるはず。

人生の最後に、短かったとおもうか長かったと思うかは、その時にならないとわからないでしょう。ただ、充実したと思える人生にするかは、今現在の自分が決めていけることなのではないでしょうか。

80年の人生を「時間」で考えると長い?短い?

人生の長さは、それぞれに与えられた寿命が違うので終わりの瞬間までわからないものです。ここでは、とりあえず日本人の平均寿命である、およそ80年という長さを客観的に見てみましょう。

80年は、一年を365日として単純計算すると「29,200日」。時間にすると「700,800時間」。分にすると「420,480,000分」。秒ならば「2,522,880,000秒」となります。

これらの数字を見て、長いと感じますか?短いと感じますか?さらにこのうちの3分の1は、睡眠として消費している時間です。

25億秒かぁ…と思ったあなた、これは「80年」の計算です。すでに何億秒を消費しているのであれば、残された時間はもっと短いはず。

無為に過ごす時間が楽しいという場合もあるかもしれませんが、一生という時間を細かな数字に置き換えてみると、浪費するのがもったいなく感じてきます。

「人生は、何十年もの時間がある」と思うか、「人生はこれだけの時間しかないのだ」と感じるのかは、思い描いた夢や目標、将来設計によっても随分違いがあることでしょう。

人生で与えられる時間を最大限に生かすために

「人生80年」

これを長いと感じるか、短いと感じるか。それだけで、人生の過ごし方が変わって来るかもしれません。「時は金なり」と言いますが、時間とお金には似たようなところがあります。

多ければ無駄に使ってしまう、少なければ大切にするということです。「人生80年」を短いと感じる人は「たった80年しかないのだから、必要なことはすぐに行動しなければ」と思って、行動できるのではないでしょうか。

時間を大切にする、その中での出会いを大切にする。そんな気持ちが人間関係を円滑にし、時間のプレッシャーが気持ちを奮い立たせる活力にもなり得るでしょう。

逆に80年という人生が長いと思ってしまうと「また今度」、「次でいいや」とズルズルと先延ばしにしてしまいがち。

大きなチャンスの逃してしまうことにもなるのです。人生は短いと思っている人ほど、濃厚で充実した人生を送れる可能性は高いのではないでしょうか。

充実した人生のために思いついたら挑戦しよう!

十代のうちはともかく、30代以上の大人は多くが「人生は短い」と感じているのです。

仕事や家庭、子育てなど役割も増えて時間も削られると、なおさらそう感じるでしょう。興味のあること、必ずやらなければならないことは、先送りにせず次々に手をつけなければ、着実に時間だけは過ぎていくのです。

宗教観によっては、来世で生まれ変わって豊かな生活ができることもあるようですが、そうなる保証はありません。今の人生でやりたいことはチャレンジしておくべきだと思いませんか?

もう30歳だから無理だろう。40歳からでは遅すぎる。50歳で夢みたいなことを言うな。そうやって、残りの人生を指折り数えて諦めることは簡単かもしれません。

でも、人生はいつ、どんなことが起こるか誰にもわかりません。60歳から、70歳から始めたことで大成功したり、想像以上の結果が得られることがあるのです。

何かを始めようと思ったら、生きている限り遅いことなどありません。やってみたい、チャレンジしようと思ったら年齢を言い訳にせずに飛び込んでみてもいいと思うのです。

 - 健康と医学