調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

飛行機の機内の温度に対応できる服装をご紹介します!

2017.8.26

飛行機での旅行、ワクワクしますよね。

でも、飛行機の機内はどのくらいの温度なのか…。

何を着て行けば快適に過ごせるか悩みますよね。

機内も快適に過ごすために気を付ける点をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夢や目標がないと悩んでいるあなたへ…探すヒントがありますよ!

夢や目標がないとお悩みのあなた。失敗や挫折を怖れているからですか? そんな人は周囲に合わせて自...

猫はたとえ親子でも成長するとお互いに威嚇することもある

猫の親子が仲睦まじくしている姿は、見ているだけで癒されますよね。 でも、子猫が成長すると親子で...

同性の友達が少ないと感じたら、こんな事に注意が必要!

同性の友達が少ないと感じているアナタ。そんな方には共通する特徴があるのを知っていますか? 特徴...

家のパーティーで楽しいご飯の時間にしたい!お勧めのレシピ

家で、パーティーをすることになりました。 集まる人も年齢がバラバラ・・・美味しくてみんなで楽し...

再婚した時に前妻との子供との気になる面会事情とは!

再婚した相手がバツイチで子持ちの場合、今後も子供との面会をするのか気になるところ! 全く会わない方...

家の掃除や片付けができないと嘆いてる方へ!簡単掃除術をご紹介

家の掃除や片付けが苦手と感じている方は多いのではないでしょうか。 キレイな部屋の方が居心地がい...

女性で独身!昔とは違い仕事でも私生活もメリットいっぱい

独身女性は仕事場で肩身が狭い?いえいえ、今はそんな事ありませんよ~。 男性と肩を並べてバリバリ...

夏の終わりはいつから?みんなが感じる夏の終わりについて

暑い夏の日が続くと早く涼しくならないかなっと思いますよね。 夏の終わりっていつの事をいうのでし...

友達と絶交したい!絶交された!…理由は様々なようです

友達から絶交されたことありますか?理由が分からない時は辛くて苦しいですよね。 人間関係なのでど...

人見知りの克服にはバイトが最強!?こんなことから始めてみよう

自分のことを「人見知り」だと思っている人はとても多いようです。 バイトを始めたいけど、人見知り...

大学での友達付き合いはうわべだけ?その理由を教えます!

高校までと違い、クラス単位で行動することのない大学。そのため、友達付き合いが薄っぺらいとかうわべだけ...

女性が貧困に陥るのは自業自得ではありません

女性が貧困になってしまう理由は何があると思いますか?貧困に陥るのは自業自得なのでしょうか? 近...

保険のセールスがしつこい!断り方についてご紹介!

保険のセールスってとてもしつこいですし断り方に困りますよね。 断っても何度も何度も来ますしどう...

ベランダを掃除してもすぐに生えてくるコケ!抑える方法を紹介

我が家にはベランダがあり普段使うことはほぼありません。ベランダはなくても良かったかも・・・とも思う原...

女子グループに入れない原因は何!?仲間に入るコツとは

女子は群がりたい生き物です。 特に学生の場合は、クラスにいくつかの女子グループができあがってい...

スポンサーリンク

飛行機の機内では温度調節できる服装がおススメ

飛行機の中での服装は、やはり温度調節のできる服、というのが鉄則です。一人だけ寒い、暑いと言ってもその都度温度を変えることはできません。

女性にお勧めなのは、スカートよりはパンツです。スカートは下半身が冷えるので、なるべく避けた方が無難でしょう。スカートを履きたい場合は、ロングスカートなど足を覆う面積の多いものにした方が安心です。

長時間のフライトの場合、同じ姿勢がずっと続くので、足などを圧迫しない、ゆったり目なパンツが良いでしょう。ぴっちりしたデザインだと、足の血流が悪くなってしまいます。

上は、重ね着で温度調整ができるものにしましょう。飛行機の機内が空調で意外に寒く感じることもあります。そのような時にもすぐに一枚羽織れるようにカーディガンやパーカーなどがあると良いですね。

飛行機の機内の温度と乾燥対策!快適に過ごすために

飛行機内で夜を過ごすという方は、靴下を忘れずにお持ち下さい。少し厚手のものがあると、足元も暖かくよく眠れます。手足が冷たいままだと、なかなか寝付けないと言います。冷え防止のためだけでなく、快眠のためにも靴下は重宝します。

機内では、ブランケットなどを貸してもらえます。ただし、一人につき1枚と決まっている場合も多いようです。まずは、自分でできる温度調整として一枚羽織り、それでもまだ肌寒いようであれば、ブランケットを貸してもらいましょう。

そして、飛行機の中はとても乾燥しています。乾燥が激しく、普段よりも静電気が発生します。肌も乾燥の中ではダメージを受けやすいので、肌の負担になるファンデーションや日焼け止めなどは、落としていった方が良いでしょう。

肌や喉の乾燥対策のために、マスクを使うこともおススメします。濡れマスクを使っても良いですし、普通のマスクでも効果はあります。

飛行機の機内の設定温度や機内環境

飛行機の機内は、どのような設定温度や湿度になっているのでしょうか。飛行機の中の温度は22~26℃に調整されています。

湿度は、客室に取り入れている外気の湿度が低いことから、機内の湿度もかなり低くなってしまいます。長時間のフライトの場合だと、20%以下まで下がることもあります。乾燥により、目の乾きや喉の痛みを感じる場合もあります。

気圧への対応はどうなっているのでしょうか。飛行中は与圧装置によって調整されています。客室内の気圧は地上よりも低く、標高2、000~2、500mの山に登っている時と同じくらいの状態です。そして、離陸や着陸の15分~30分の間に集中して気圧の変化が起こります。

体質や体調によっては、航空性中耳炎を起こしてしまうという方もいます。気圧の変化により、機内酸素分圧(空気中の酸素圧力)も、地上の約70~80%ほどになります。呼吸器疾患や心臓疾患がある方の中には、酸素濃度の低下により、具合が悪くなることもあります。
健康な方には特に問題はありません。

飛行機の機内が寒いと感じたらまず確認すること

飛行機の中が寒いと感じた場合には、まず空調の吹き出し口を確認して下さい。向きを変えたり、自分で空調を止めることができる場合がありますので、調整してみましょう。

飛行機の中というのは、どちらかと言うと暑い時より寒い時のほうが多い傾向にあります。これは暖房が効いていないということではなく、機内の温度を25℃前後に設定していたとしても、外気が地上よりもかなり低く、マイナス50℃になることもあります。

そのため、飛行機の中はとても肌寒く感じてしまうのです。そして、国内線にくらべ、国際線の方が寒いことが多いようです。外国の方は寒さに強いため、外国人の多い国際線は機内の温度が1~2℃低く設定されているのです。ですので、海外旅行で国際線を利用される場合には、より機内の寒さ対策を行った方が良いでしょう。

なぜ飛行機の機内は寒いと感じるのか

外国人は寒さに強いと言うのは、先ほどもお話しましたが、どのくらいで寒いと感じるのでしょうか。個人差が大きいとは思いますが、日本人では23℃前後、外国人の方の場合、21~22前後で肌寒いと感じるようです。

機内の中は空間に対して多くの人が乗るので、冷房を入れなければ、400人もの体温で直ぐに25℃以上になって、暑苦しさを感じます。機内が暑いと、気分を悪くする方もいるので、あまり暑く感じることはないでしょう。寒く感じることの多い機内ですので、女性の方は特に寒さ対策を取ることをおすすめします。

 - 生活と文化