調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

飛行機の機内の温度に対応できる服装をご紹介します!

2017.8.26

飛行機での旅行、ワクワクしますよね。

でも、飛行機の機内はどのくらいの温度なのか…。

何を着て行けば快適に過ごせるか悩みますよね。

機内も快適に過ごすために気を付ける点をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

結婚式に出席する時には荷物を預ける場所や式場でのマナー

初めて結婚式に出席する時には、どんなマナーがあるのかわからないこともたくさんありますよね。 ま...

正月に掃除・洗濯をしてはいけないと言われる理由をご紹介

正月には掃除や洗濯はしない方がいいという話を聞いたことがありますか? 最近は、そのようなことを...

大学で友達を作ろう!高校の友達との違いや作り方の違いとは

大学に入って友達作りに苦労する人は実は多いって知っていましたか? 高校と大学の違いや高校と大学...

ご近所トラブル!挨拶を無視する人への対処法

あなたはご近所の人に会ったとき、挨拶をしますか?それって当たり前のことだと思いませんか? しか...

電話やメールに苦手意識を抱いている人とのコミュニケーション

電話が苦手、メールが苦手、どちらも苦手・・・色々な人がいます。 なぜ、電話やメールに苦手意...

深夜の電話が迷惑と感じるのはどうして?常識から考えてみよう!

深夜の電話ほど迷惑なものはありませんよね!友人からのどうでもいい電話が深夜にかかってきたらどう感じま...

主婦に人気の資格は?就職する際に有利になるよう頑張って!

子供も大きくなったし、家計を支えるためにもそろそろ働こうかしら・・・と考える主婦はたくさんいます。再...

男性の一人外食に抵抗を感じている人が増えてきている理由

一人での外食が苦手というのは、女性に限った話ではないようです。 男性の中にも一人で飲食店に入る...

30代主婦の友達作り・・・必要なことを教えます!

30代の主婦ともなるとなかなか友達と会う時間もなく、どんどん疎遠になっていくと言われています。 ...

洗車の時に食器用洗剤を代用する場合の注意点について

自分で洗車をする場合、カーシャンプーではなく食器用洗剤を代用する人もいるといいます。 確かにカ...

女性で独身!昔とは違い仕事でも私生活もメリットいっぱい

独身女性は仕事場で肩身が狭い?いえいえ、今はそんな事ありませんよ~。 男性と肩を並べてバリバリ...

主婦におすすめの資格…持っていると有利な資格をご紹介

主婦の再就職には、やはり資格は有利です。 どんな資格を持っていると再就職に役立つのでしょうか?...

これから買うなら携帯とスマホ、どっちを選ぶべきか教えます

いまだにスマホではなく「ガラケー」と呼ばれる携帯を利用している人も多数いると言われています。 ...

同性の友達が少ないと感じたら、こんな事に注意が必要!

同性の友達が少ないと感じているアナタ。そんな方には共通する特徴があるのを知っていますか? 特徴...

夜中にメールを送るのは非常識です!気を付けたいメールのマナー

夜中にメールを送るとき、相手の都合やマナーを意識して送っていますか? 夜中は寝ている人が多く、...

スポンサーリンク

飛行機の機内では温度調節できる服装がおススメ

飛行機の中での服装は、やはり温度調節のできる服、というのが鉄則です。一人だけ寒い、暑いと言ってもその都度温度を変えることはできません。

女性にお勧めなのは、スカートよりはパンツです。スカートは下半身が冷えるので、なるべく避けた方が無難でしょう。スカートを履きたい場合は、ロングスカートなど足を覆う面積の多いものにした方が安心です。

長時間のフライトの場合、同じ姿勢がずっと続くので、足などを圧迫しない、ゆったり目なパンツが良いでしょう。ぴっちりしたデザインだと、足の血流が悪くなってしまいます。

上は、重ね着で温度調整ができるものにしましょう。飛行機の機内が空調で意外に寒く感じることもあります。そのような時にもすぐに一枚羽織れるようにカーディガンやパーカーなどがあると良いですね。

飛行機の機内の温度と乾燥対策!快適に過ごすために

飛行機内で夜を過ごすという方は、靴下を忘れずにお持ち下さい。少し厚手のものがあると、足元も暖かくよく眠れます。手足が冷たいままだと、なかなか寝付けないと言います。冷え防止のためだけでなく、快眠のためにも靴下は重宝します。

機内では、ブランケットなどを貸してもらえます。ただし、一人につき1枚と決まっている場合も多いようです。まずは、自分でできる温度調整として一枚羽織り、それでもまだ肌寒いようであれば、ブランケットを貸してもらいましょう。

そして、飛行機の中はとても乾燥しています。乾燥が激しく、普段よりも静電気が発生します。肌も乾燥の中ではダメージを受けやすいので、肌の負担になるファンデーションや日焼け止めなどは、落としていった方が良いでしょう。

肌や喉の乾燥対策のために、マスクを使うこともおススメします。濡れマスクを使っても良いですし、普通のマスクでも効果はあります。

飛行機の機内の設定温度や機内環境

飛行機の機内は、どのような設定温度や湿度になっているのでしょうか。飛行機の中の温度は22~26℃に調整されています。

湿度は、客室に取り入れている外気の湿度が低いことから、機内の湿度もかなり低くなってしまいます。長時間のフライトの場合だと、20%以下まで下がることもあります。乾燥により、目の乾きや喉の痛みを感じる場合もあります。

気圧への対応はどうなっているのでしょうか。飛行中は与圧装置によって調整されています。客室内の気圧は地上よりも低く、標高2、000~2、500mの山に登っている時と同じくらいの状態です。そして、離陸や着陸の15分~30分の間に集中して気圧の変化が起こります。

体質や体調によっては、航空性中耳炎を起こしてしまうという方もいます。気圧の変化により、機内酸素分圧(空気中の酸素圧力)も、地上の約70~80%ほどになります。呼吸器疾患や心臓疾患がある方の中には、酸素濃度の低下により、具合が悪くなることもあります。
健康な方には特に問題はありません。

飛行機の機内が寒いと感じたらまず確認すること

飛行機の中が寒いと感じた場合には、まず空調の吹き出し口を確認して下さい。向きを変えたり、自分で空調を止めることができる場合がありますので、調整してみましょう。

飛行機の中というのは、どちらかと言うと暑い時より寒い時のほうが多い傾向にあります。これは暖房が効いていないということではなく、機内の温度を25℃前後に設定していたとしても、外気が地上よりもかなり低く、マイナス50℃になることもあります。

そのため、飛行機の中はとても肌寒く感じてしまうのです。そして、国内線にくらべ、国際線の方が寒いことが多いようです。外国の方は寒さに強いため、外国人の多い国際線は機内の温度が1~2℃低く設定されているのです。ですので、海外旅行で国際線を利用される場合には、より機内の寒さ対策を行った方が良いでしょう。

なぜ飛行機の機内は寒いと感じるのか

外国人は寒さに強いと言うのは、先ほどもお話しましたが、どのくらいで寒いと感じるのでしょうか。個人差が大きいとは思いますが、日本人では23℃前後、外国人の方の場合、21~22前後で肌寒いと感じるようです。

機内の中は空間に対して多くの人が乗るので、冷房を入れなければ、400人もの体温で直ぐに25℃以上になって、暑苦しさを感じます。機内が暑いと、気分を悪くする方もいるので、あまり暑く感じることはないでしょう。寒く感じることの多い機内ですので、女性の方は特に寒さ対策を取ることをおすすめします。

 - 生活と文化