調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

飛行機のトイレの仕組みとは?流す時の音の理由

2017.8.26

飛行機のトイレ、排泄物は外に排出されている!?それは昔?今は?

飛行機のトイレを流すと凄い音がするのはどうして?

トイレの仕組みやギモンを調べてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

正月に掃除・洗濯をしてはいけないと言われる理由をご紹介

正月には掃除や洗濯はしない方がいいという話を聞いたことがありますか? 最近は、そのようなことを...

結婚式に出席する時には荷物を預ける場所や式場でのマナー

初めて結婚式に出席する時には、どんなマナーがあるのかわからないこともたくさんありますよね。 ま...

一人暮らしの方必見!野菜を食べて健康を考えながら節約する方法

一人暮らしの方は外食が多くなりがちです。野菜をとる機会が少なくなる場合も・・・。 節約をしたい...

ミートソースは大量に作って保存!冷凍保存する時のコツ

ミートソースって子供が大好きですよね~!作る時は大量に作って冷凍保存をしておくと便利ですよ! ...

魚の干物は味も栄養も生より優秀?魚を干物で食べる利点とは!

魚を始めとする干物は冷蔵庫が無かった時代に食材を長期保存するための生活の知恵でした。 しかし、...

どうしてなんでも真似するの?真似する女の怖い心理

であった頃はそんなことなかったのに、仲良くなるにつれてどんどん真似をする女の人っていますよね。 ...

大学生の一人暮らしでペットは飼える?注意点を教えます!

大学生になって一人暮らしを始めると、寂しい気持ちを紛らわすためにペットが欲しくなることもあるでしょう...

猫を病院に連れて行く!○○で嫌がる猫も飼い主もストレスが軽減

猫を病院に連れて行くときに苦労している飼い主さんは多いのではないでしょうか。 病気やケガをした...

旦那とお金の価値観が合わない!バランスの取り方などを解説

いくら仲が良い夫婦でも、旦那と価値観が合わないことは多々あります。 しかし、お金の価値観が違う...

旦那さんの小遣いの平均金額とその内訳を大調査!

あなたの家庭では、旦那さんに毎月いくらぐらいお小遣いを渡していますか? どのくらいが平均なのか...

うさぎの目が白いときは白内障の可能性が!早めに病院へ!

うさぎの目は赤いもの……というイメージがありますが、体の色が黒や茶色のうさぎは目が赤くないのです。 ...

飛行機の機内の温度に対応できる服装をご紹介します!

飛行機での旅行、ワクワクしますよね。 でも、飛行機の機内はどのくらいの温度なのか…。 何...

料理を苦手に感じる主婦の方へ…苦手克服のポイント!

主婦になり、たくさんある家事の中で「料理」が苦手…と感じている方は多いのではないですか? 毎日...

目から鱗!ハンバーグを冷凍する時には焼いてからが◎

ハンバーグのタネがあまり、冷凍する時にはどんな方法で冷凍していますか? 実は焼いてからの方がオ...

大学で友達を作ろう!高校の友達との違いや作り方の違いとは

大学に入って友達作りに苦労する人は実は多いって知っていましたか? 高校と大学の違いや高校と大学...

スポンサーリンク

飛行機のトイレの仕組みは?空中に排出されるってホント?

飛行機のトイレでした排泄物は空中に排出されていると聞いたことはありませんか?飛行機のトイレは流すと「ジュゴォッ!!」と一瞬で排泄物が吸い込まれていきます。いかにも空中に解き放たれていそうな音がします。本当に空に排出されているのだとしたら、空から排泄物が降ってくるってこと・・・?と想像するだけで汚いしゾッとしますね。

昔の飛行機のトイレは、実際に空中に排出されていました。飛行機に乗ったことがある人なら分かると思いますが、飛行機内のトイレに行けるのは、ベルト着用サインが消えている時だけです。かなりの高度を飛んでいる時に排出されるので、地上に到達する頃には汚物も霧状になってしまうので分からなくなっているそうです。分からなくなってると言われても、嫌なものは嫌ですね。

現在の飛行機は空中に排出されないようタンクがあり、そこにためられて飛行場でバキュームカーが吸い取っています。空中に排出されないので安心です!

飛行機のトイレの仕組みは?水を流さなくても良いのはなぜ?

今の飛行機のトイレは普通のトイレのように水で流すものではありません。トイレを流すというと、水で流す状態をイメージしますが、飛行機は流すボタンを押すとごくわずかな水で排泄物が流れる…というか吸い込まれていきますよね。

昔は、循環式トイレという、タンクの水を循環させてトイレを流していました。新幹線のトイレと同じような仕組みです。しかし、今は循環式トイレではなく、強力な吸引力によって排泄物を吸い込んで流しています。吸引するので、水はほとんど必要ないと言う訳なんですね。

トイレのタンクは機体の後方にあって、760リットルも貯める事が出来るそうです。ちなみに、排泄物はちゃんとトイレのタンクに納まり、空気だけが機外に排出される仕組みになっています。万が一がないように、タンクのバルブは二重構造になっていて、外に排出されることがないように出来ています。

今の飛行機のトイレが凄い吸引力を発揮している仕組み

現在の飛行機のトイレに使用されているのは、バキューム式のトイレです。一時的に排泄物をタンクに貯蔵しておくのですが、便器からタンクまで排泄物を吸引してタンクにためます。

バキューム式のトイレは排泄物が一瞬で吸い込まれる強力な吸引力があります。強力な吸引力を生み出しているのは、飛行機内外の気圧の差です。空気は気圧の高い方から低い方へ動く性質があります。飛行機はかなりの高度で飛びますので、機内の気圧は外の気圧よりも高くなっています。

気圧の変化で耳が痛くなったりペットボトルの中の空気が減ったようになりますよね。映画で、飛行中に飛行機のドアが空くと中の物があっという間に外に飛ばされる映像を見たことがあるかもしれません。これは気圧の高い飛行機内から気圧の低い外に向かって開いたドアから一気に空気が動いて、物が引き込まれるからです。

飛行機のトイレはこの空気が気圧の高い方から低い方へ動く性質を利用しています。トイレのタンクを結ぶパイプが飛行機の外と繋がっていて、トイレの流すボタンを押すことで、このパイプのバルブが開く仕組みになっています。その途中にトイレのタンクがあるので、排泄物は外に出ることなくタンクにたまるようになっています。

飛行機のトイレ使用中ランプの仕組みや注意点

飛行機のトイレは利用できる時間や数が限られているので、混雑しやすくなります。トイレの前まで行って使用中だった場合、ちょっと気まずいですよね。

飛行機によっては、トイレが使用中かどうか分かる目印があります。その目印がある場合は、トイレ使用中のランプが点灯しているかどうかを確認しましょう。トイレのドアのカギを開閉することで、ランプがついたり消えたりする仕組みになっているので、トイレの前まで行かなくても使用中かどうかが分かります。

ここで注意しなければいけない事がひとつあります。カギをしっかりしめないといけない事です。トイレのカギをしっかりしめるのは、飛行機に限ったことではありませんが、カギを閉めないとトイレが空いてると思っていきなり他人にドアを開けられてしまいます。

狭い飛行機内でいきなりドアが開くと、他の人に見られるかのうせいもありますので注意してください。自分が使用中じゃない場合も、一応そっとドアを開けた方が良いでしょう。私は昔、勢いよく開けたら中におじさんがいてとても気まずい思いをしました・・・。

飛行機のトイレが混雑するタイミングや仕組みとは

飛行機のトイレが混雑しやすい時間帯は3回あります。

・ベルト着用サインが消えた直後

飛行機が離陸するとしばらくの間は席を立つことが出来ません。この時、トイレに行きたいのを我慢していた人もいるのでベルト着用サインが消えた直後はトイレが混雑します。飛行機に乗る前にトイレに行っておく方が良いですが、飛行機に乗ってからトイレに行きたくなった場合、まだ離陸前なら飛行機に乗ってすぐにトイレに行く方法もあります。

・機内食を食べ終わった後

人間は飲食をした後、トイレに行きたくなります。また、食事が終わったらまた寝たり映画を見たりする前に一度トイレに行っておこうと思う人も多くいます。そのため、機内食を食べ終わった後はトイレが混雑しやすくなります。機内食は事前に機内食を出すとアナウンスがあると思いますので、事前に行っておくのも良いでしょう。

・ベルト着用サインが点灯する前

現地が近づいてくると、「間もなく最終の着陸態勢に入ります。〇分後位にベルト着用サインが点灯します。」とアナウンスが入ります。トイレは早めに済ませてくださいとアナウンスされることもあり、そういわれたらトイレ行っておこうかなと思う人も多くいます。

 - 生活と文化