調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

赤ちゃんが生まれるタイミングとは?気になる不安を解決

2017.9.13

初めての出産だと赤ちゃんが生まれるタイミングがいつなのかわからずに不安になりますよね。

私も、初めての出産時、予定日が近づいてくるとドキドキして落ち着かなかった記憶があります。

これから出産を控えているお母さんへ、赤ちゃんが生まれるタイミングについてのお話をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

人生は長いか短いか。長ければいいというわけではないはず

人生80年と考えると、長いと感じますか?それとも短いと感じますか? 残りの人生はあと何年あるで...

足の親指が腫れてる気がする…ピリピリするのはもしかして…

足の親指を、左右比べてみるとやっぱり、腫れている気がする…健康診断の血液検査で、尿酸値の値が高いのな...

目に感じる違和感やまぶたに感じる違和感は○○が原因!

普段の生活で目に違和感を感じたりまぶたが重いなぁと感じたことはありませんか? 目に起こる症状は...

腕立てしても筋肉がつかないのはなぜ!?筋トレや食事を見直そう

筋肉質な二の腕に憧れて、筋トレにチャレンジしようと思っている方がいらっしゃいますよね。 ぷよぷ...

新生児の混合栄養の方法は?母乳とミルク混合の時のすすめかた

母乳で赤ちゃんを育てていきたい!と思っても、上手く進まないこともあります。 新生児からの混合育...

障害はその人の個性です!メリットを有効活用した生活を!

子供の頃にはわからくても、大人になってから発達障害と診断される人は年々増えてきています。今までどうし...

インフルエンザの免疫はいつまであるの?去年かかった場合

インフルエンザの免疫っていつまで残っているのかご存知ですか? 去年インフルエンザにかかった場合...

精神病院へ入院して治療するにはどんな方法があるのか

精神病院への入院を希望する場合、入院するにはどんな方法があるのでしょうか。 精神病院に入院する...

声は変えることができる?手術にはリスクがつきものです

自分の声が気に入らなくて、変えることができないか悩むことってありますか? 中には、手術してまで...

手や足にできる小さい水疱の正体は?早めに治療するのが吉!

手や足に小さい水疱を発見。かゆみはありますか?何度か繰り返していませんか? かゆみがあったり頻...

子宮がん検診で痛みは生じる?その痛みを逃すコツをご紹介!

子宮がん検診は痛みがあるから行きたくないと思っている方も多いと思います。 痛みは生じるけれど必...

自転車と徒歩はどちらが痩せる!?ダイエット効果の違いとは

ダイエットをしようと思ったときに、すぐに誰でもはじめやすい自転車と徒歩(ウォーキング)ではどんなダイ...

親から子供の性格は遺伝すると言われるのは本当なのか?

子供の性格というのは、どのようにして形成されていくのでしょうか? それは親の遺伝なのでしょう...

運動と食事はどちらを先に取るのが効果的?ダイエット効果の違い

ダイエットをするときに気になるのが「運動」と「食事」のタイミングです。 運動をしてから食事をす...

医者のお給料は安い?お給料の差の分かれ道とは?

お医者さんのお給料事情とは?医者のお給料は高いとは限らない!? 医者のお給料が安いケースや働き...

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれるタイミングは陣痛が始まってから!

赤ちゃんが生まれるタイミングには、人それぞれ。まず、赤ちゃんが生まれるタイミングで始まるのが「陣痛」です。

初めての妊婦さんは、陣痛ってどんなものだろうと思いますよね?陣痛は赤ちゃんがもうすぐでるよ!の合図でもありますが、子宮が収縮している状態からくる痛みです。

陣痛の始まりは不規則で、お腹が張って生理痛のような鈍痛を感じます。我慢しているうちに消え、忘れた頃に不規則にまたやってくるといった感じです。これが前駆陣痛と呼ばれるものです。

本格的な陣痛になると間隔が規則的になり、先ほどとは比べ物にならない激しい痛みへと変化します。

最初はどんよりと腰が重く感じ、時々お腹のハリも感じ、その数時間後には10分間隔で痛みが出てくるようになれば本格的な陣痛です。陣痛がきたとわかったらかかりつけの産科へ連絡を入れましょう。

赤ちゃんが生まれるタイミングは「破水」が先になる場合も!

破水は赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ中の羊水が流れる現象です。一般的には、陣痛→破水→出産という順序ですが、陣痛よりも先に破水してしまうケースもあります。

破水が先に起こってしまっても赤ちゃんが大きく育っていれば大丈夫です。落ち着いて病院へ行く準備をしましょう。破水によって出てくる羊水は、大量に出てきたり少量だったり出血したりと、人によって違いがあります。

量が少ないと、尿漏れと勘違いするかもしれません。そんな時には臭いでチェックしましょう。アンモニア臭がすれば尿ですが、羊水は無臭か少し生臭い場合があります。

また、尿であれば自分の意思で止められますが、破水の場合は止めることができないです。

判断がつかない場合は、病院へ電話をしてアドバイスをもらうのも良いでしょう。慌てず冷静に対処することが赤ちゃんのためにも大切ですよ。

赤ちゃんが生まれるタイミングは赤ちゃんが決める?

赤ちゃんが生まれるときには陣痛が起こるわけですが、陣痛を起こすのはお母さんではなく赤ちゃんなのです。

赤ちゃんの準備が整ったタイミングで脳からホルモンを出してママの体に陣痛を起こさせると言われています。陣痛はママにとっても辛いものですが、同時に赤ちゃんにとってもストレスがかかる事です。

陣痛で子宮が収縮し赤ちゃんを締め付け押し出そうとしているわけです。ママが陣痛で痛みのあまり息を止めてしまうと、赤ちゃんにも酸素が届かずとても苦しい状態に陥ります。呼吸を整えて赤ちゃんが出てきやすいように意識を集中してください。

また陣痛が来ても途中でおさまってしまった・・・なんてことを聞くことがありますが、そんな時こそきっと赤ちゃんは必至なのかもしれません。

今生まれると陣痛に耐えられないと思い、中断してしまっているのかもしれません。普通分娩で生まれてくる赤ちゃんは、自分で自分の誕生日を選んで出てくるのですね。

赤ちゃんが生まれる時は助産師さんとのタイミングも大切

陣痛で痛みが極限状態のときは何を言われてもできないと思うかもしれません。でも赤ちゃんのため、出産のプロである助産師さんの指示通りに一緒に頑張りましょう。

いきむタイミングも助産師さんが教えてくれます。いきみ方にはポイントがあります。まず、分娩台に背中と腰が浮かないようピッタリとつけておきます。

手でグリップはしっかりと握っておきましょう。目を開けて顎を引き少しおへそ部分を見ているようにしましょう。助産師さんとタイミングを合わせることも大切です。

いきむことができる頃になれば、もう少しで生まれるところです。あと一歩で痛みから解放されるときだと楽しみにしていてください。

初めての出産の場合は、陣痛が始まって子宮口が全開になるまでには時間がかかると言われています。痛みでイライラしたりすることもありますができるだけリラックスして声を荒げないよう意識して出産に挑みましょう。

赤ちゃんが生まれるタイミングは大きさは関係ない!

私は二人の子供の出産経験があります。1人目は2500グラムで2人目は3200グラムでした。小さかった上の子は、産むのはスムーズでした。初めての出産だったけれど、数回いきむと問題なく出てきてくれて安心しました。

でも体がとにかく細っこくて・・・。おむつも標準の新生児用では大きすぎて低体重児用の本当に小さいおむつを使いましたね。思い出すと懐かしいです。

抱いても軽くて軽くて、ミルクを飲ませている間にすぐ寝てしまうので、起こすのが大変でしたね。下の子は体が大きかったせいもあり、とてもたくましく感じました。ミルクもぐんぐん飲んであっという間に大きくなりました。

赤ちゃんが生まれるのは、親のタイミングではなく赤ちゃんのタイミングだと実感しました。

出産でわかったことは、すごく体力が必要だという事。妊婦だからとのんびりせずに、適度な軽い運動も大切なんだなと思いました。

 - 健康と医学