調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

声は変えることができる?手術にはリスクがつきものです

2017.10.26

自分の声が気に入らなくて、変えることができないか悩むことってありますか?

中には、手術してまで声を変えてしまう人がいるのです。手術ではリスクが怖いという面もあります。

そんなときはボイストレーニングでも、ちょっと違ってくるのでは?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

朝に体重が減らない原因とは?対処方法を紹介します!

一日の中で朝が一番体重が軽いと言われていますが、その理由にはどんなものがあるのでしょうか? 朝...

むせるような咳がつらい、咳が続く…可能性がある病気とは!

むせるような咳が続く…。風邪ではなく別の病気では?と不安になることはありませんか? 風邪が治っ...

医者のお給料は安い?お給料の差の分かれ道とは?

お医者さんのお給料事情とは?医者のお給料は高いとは限らない!? 医者のお給料が安いケースや働き...

朝夜の頭痛!時間帯別で頭痛が起こるのは頭痛の○○が違う!

朝起きると頭痛する人や夜になると頭痛がする人。どうして時間別で頭痛が起きるのか謎ですよね! た...

眼科でコンタクトの処方箋のみ出してくれる?できない時の対処法

コンタクトを購入する時は、眼科で出してもらった処方箋が必要になりますよね。 処方箋のみもらえた...

腕立てしても筋肉がつかないのはなぜ!?筋トレや食事を見直そう

筋肉質な二の腕に憧れて、筋トレにチャレンジしようと思っている方がいらっしゃいますよね。 ぷよぷ...

癌はリンパ節への転移が病状の進行に大きな影響を与える!

癌は昔に比べれば「不治の病」ではなくなってきています。しかし、リンパや血液への転移があると、全身に広...

部屋の乾燥に困ったらマスクを付けよう!その効果的な理由

部屋が乾燥する季節には、マスクを付けたり、濡らしたタオルを干すなど部屋の加湿をすることが大切です。 ...

聴覚過敏かも!少しの音にも敏感になってイライラが止まらない

現代人は、さまざまな音に囲まれて生活しています。音に敏感になってしまうと、絶え間なく聞こえる小さな音...

脂漏性皮膚炎が顔に出来たときはオイルで治せる?オイルの使い方

脂漏性皮膚炎が顔に出来てしまった時、オイルを使って治すという方法があります。 でも、どんなオイ...

顔にできた脂肪の粒が気になる!その原因と対処法

気が付けば顔に脂肪のような粒ができてしまったことありませんか? これっていったいなんなのでしょ...

うつ病との接し方をお探しの方へ~恋人や自分がなった時は~

近年、うつ病などの精神疾患を患ってしまう方が、急激に増えています。 大切な恋人がうつ病になって...

眼鏡の度数がきついときの対処方法について紹介します

度数のきつい眼鏡をかけると、体にこんな影響が出てしまうんです!? きつい度数の眼鏡がダメな理由...

空腹時の吐き気や微熱の症状がある食べづわりについて検証

妊婦さんの悩みのタネの「つわり」・・・微熱や頭痛や吐き気など、人によって様々な症状があらわれます。 ...

左手の小指だけが冷たい…これは何かの病気初期症状?

左手の小指が冷たい感じがする…でも触ってみると普通の体温? 冷えているなら温めて血行よくさせた...

スポンサーリンク

声を変える手術にはどんなものがあるの?

輪状軟骨と甲状軟骨を糸で引きよせる手術をすると、声帯が緊張して高い音が出ます。

声帯そのものには触れない手術で、声を聞いて確かめながら声の高さを調整することができます。

他には、ステロイドを使ったケナコルト注射による方法もありますが、必ず効果が期待できるものではなく、副作用のリスクもあると言われています。

海外及び、国内でも声帯に直接メスを入れる手術が行われる場合もありますが、思ったような声が出ない・最悪声が出なくなったといったトラブルも起こっています。

手術は全身麻酔で行われるため、声を聞きながら調整するといったこともできません。

手術がうまくいかなかった場合、修復できない状態になることもあるといいます。

声帯に直接メスをいれて声を変える手術には大きなリスクがあります。

メスを使わずに声帯手術で声を変えられる?

声帯を薄くすることで声を変える手術があります。

◆声帯注射

メスを使った手術では、最悪声が出なくなるケースもあるため、声帯に貯留性のステロイドを注射するケナコルト注射。

この注射を打つことで、声帯組織が徐々に萎縮して細くなります。

問題は、声帯の位置が喉のかなり奥まった場所にあるため、注射することが難しいことです。

また、注射の効果があり過ぎると声帯の萎縮により、声がかすれてしまうおそれもあります。

経過を見ながら、数回に分けて注射し、声の変化に慌てた治療が必要です。

喉の反射が強い人の場合は、全身麻酔が必要になるでしょう。

◆レーザーで声帯を焼く

声帯にレーザーを照射して、声帯の一部を蒸発させてしまいます。加減が難しく、最新の注意が必要な治療です。

◆声帯を短くする

非常に難しい手術で一般的には行われませんが、前連合で軟部組織を引っ張り固定する方法です。

手術ではなくボイストレーニングで声を変えることができる?

声楽の世界では、「ベルカント唱法」というものがあります。

イタリアの伝統的な唱法で、「美しい歌」や「美しい歌唱」といった意味です。

イタリアのオペラでは理想的な歌唱法のことを言うこともあります。

ボイストレーニングによって、より完璧な声をだそうというものです。

【強い声】

木の強さではなく、生命力の根源的な強さを表現する豊かな声。鋭さを持った響く声ではなく「通る声」とも表現されることもある。

【響きのある声】

例えばセミは、たった数センチの体から広範囲に響き渡る鳴き声を響き渡らせることができます。

これは、体内にある空洞部部分を「共鳴腔」として非常に効率的に使っているからです。

【明るい・優しい・柔らかい印象の声】

聞いていて明るさや優しさ、柔らかさを感じられる声は、多くの人に好かれます。

話をしていても、声のトーンや明るくて優しいと、とても好印象です。

腹式呼吸を身につけるだけで、声の雰囲気はかなり変化する

学生の頃、何かにつけ「腹から声を出せ」なんて言われたものです。

腹式呼吸は、意識して横隔膜を押し広げて、肺を功利的に使う呼吸法です。

【腹式呼吸の練習方法】

1.壁を背に立って、足を肩幅に開き背中は壁につける。片方の手はお腹に据える。

2.口から息を吐き、徐々に腹部をへこませるようにしながら、ギリギリまで息を吐き切り、腹筋を収縮させる。

3.一気に鼻から空気を吸い込む。方は上げずに、腹部だけを膨らませる。

「2」と「3」を繰り返す。

【腹式呼吸の利点】

◆長時間話したり歌ったりするなど、喉を酷使しても腹式呼吸であれば喉が枯れることを防ぐことができます。

◆緊張したときに腹式呼吸をすると、緊張をほぐしリラックスできます。

緊張すると交感神経が働きますが、腹式呼吸では副交感神経が優位になり、緊張を軽減できるのです。

声 変える 手術

声色を使い分けるのは、誰でもできるはずです。

もちろん、持って生まれた声質はありますが、何種類かの声は出すことができるようになります。

◆新しい声を作る

実際に「い」と「お」を発音してみてください。

口の形・開き方はまったく違いますよね。口の形や開き方を変えると、音はまったく別のものになります。

そこに吐き出す息、舌の位置を変化させれば自分が知らなかった多彩な声が出るかもしれません。

◆新しい声をからだで覚える

さまざまな口の形状・息の吐き出し方・舌の動かし方を意識して声を出してみます。

ピンときた声があったら、そのままで文章を読んだり、セリフを言ってみましょう。

声優志望の人は、そうやって声を作ってセリフを言ってみます。

初めは違和感があるかもしれませんが、その時の口や舌の形状や動かし方がなじんで身につくと、より自然に違う声が出せるようになるでしょう。

 - 健康と医学