調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

赤ちゃんがハイハイする前は前兆がある!ハイハイの前兆はコレ!

2017.9.11

赤ちゃんがお腹で床を移動し始めたら、それは「ズリバイ」です。

もうすぐハイハイするかな?という頃になると、前兆で赤ちゃんがズリバイをするようになります。

楽しみな赤ちゃんの成長、優しい気持ちで見守ってあげましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

手や足が常に冷たい女性必見!冷えとサヨナラできる○個の方法!

夏場でも手や足が冷たい…。と悩んでいる女性はたくさんいますよね! その冷え、甘く見てはいけない...

りんごとバナナの栄養素、女性に嬉しい効果がたくさん!

昔から「医者いらず」として知られるりんご。 バナナも栄養が豊富で朝食に食べているという方も多い...

風邪の時に飛行機に乗ると耳抜きができない!?対処方法について

飛行機に乗ると、耳が痛くなることがありますよね。しかし、すぐに痛みがひく人と続く人がいると思います。...

眼科でコンタクトの処方箋のみ出してくれる?できない時の対処法

コンタクトを購入する時は、眼科で出してもらった処方箋が必要になりますよね。 処方箋のみもらえた...

ステロイドで顔に赤みがでちゃった!?ステロイドの使用方法!

ステロイドの薬を使って顔に赤みが出てしまったという経験はありませんか? 薬ってどうしても副作用...

子宮がん検診で痛みは生じる?その痛みを逃すコツをご紹介!

子宮がん検診は痛みがあるから行きたくないと思っている方も多いと思います。 痛みは生じるけれど必...

耳をマッサージするだけでこんなに嬉しい効果や効能!

耳にはたくさんのツボがあります。 耳のマッサージはコツをつかめば、自分でも手軽に始めることがで...

新生児の混合栄養の方法は?母乳とミルク混合の時のすすめかた

母乳で赤ちゃんを育てていきたい!と思っても、上手く進まないこともあります。 新生児からの混合育...

ジョギングのダイエット効果はいつから?徹底解説!

「痩せよう!」そう思ってジョギングを始めたのに、効果が出ない・・・と嘆いていませんか? いつか...

妊娠中、車に長距離のる時のポイントとは?妊娠中の車の乗り方

車に長距離乗るとき、妊娠中はいったいどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? つわりに個人差...

目に感じる違和感やまぶたに感じる違和感は○○が原因!

普段の生活で目に違和感を感じたりまぶたが重いなぁと感じたことはありませんか? 目に起こる症状は...

コンタクト使用で視力が下がる…その原因は自分にあります!

コンタクトを使うと視力が下がると聞いたことはありませんか?実は医学的な根拠はないと言われています。 ...

産後は実家に帰りたい!そんな方への注意点はコレ

産後は実家でゆっくりしたい、帰りたいというママ多いのではないでしょうか? しかしあまり長く実家...

嘔吐した時に子供に食べさせて良い食べ物は?まずは水分補給から

子供が嘔吐してしまった時、どんな食べ物のを食べさせればよいかわからずに悩んでしまいますよね。 ...

むせるような咳がつらい、咳が続く…可能性がある病気とは!

むせるような咳が続く…。風邪ではなく別の病気では?と不安になることはありませんか? 風邪が治っ...

スポンサーリンク

赤ちゃんがハイハイする時の前兆は?

赤ちゃんが産まれると、その成長が楽しみですよね!赤ちゃんがハイハイできるようになる前に、お座りが上手になってきます。お座りに慣れてきたら、ハイハイが出来るようになってきます。

ハイハイの前に「ズリバイ」という、ほふく前進のような動作で移動するようになって、徐々に腕の力がついてくるとハイハイに移行していきます。

ズリバイをしている時は、手のひらで床を押し出すようにして移動するので、後ろに下がる行動の方が多いです。前にも後ろにも動けるようになると、行動範囲もかなり広がっていきますよ!

赤ちゃんの洋服は、お腹にボタンなど、飾りがついていないものを選びましょう。また、床も清潔にして、赤ちゃんの顔などに汚れが付かないようにしておきましょう。

赤ちゃんがハイハイする時の前兆・立つときの前兆

赤ちゃんがうつぶせの状態で前に進んでいくのが「ズリバイ」です。

ハイハイは、赤ちゃんが四つん這いになることが出来るようになってからできるようになるため、ズリバイ→ハイハイというような順番で出来るようになる赤ちゃんが多いです。

ですが、赤ちゃんの発達の仕方には個人差があるため、ズリバイをせずにいきなりハイハイをする赤ちゃんもいます。また、ハイハイを似た動きで「ひじばい」と「高ばい」というものがあります。

ひじばいは上半身を起こした状態で肘を付け、前後に動くことを言います。腕と方の筋肉が発達している赤ちゃんにみられることが多いです。

高ばいは、両腕と両足を床に付けて持ち上げ、床を押したり蹴ったりしながら移動していく動き方です。この動きが見られれば、もうすぐ立ち上がって歩く前兆でもあります。

赤ちゃんのハイハイ の前兆、ズリバイの練習

赤ちゃんにズリバイをしてほしいと思うママもいますよね。ズリバイは特に練習するものではないですが、赤ちゃんがうつぶせになるのを嫌がらずに手足を動かしていたら、ママがちょっとだけ手を貸してあげましょう。赤ちゃんとのコミュニケーションの一つになるかもしれませんね!

■ボールを転がして遊ぶ

赤ちゃんが自分で持って転がしても良いですし、ママが転がしても良いです。赤ちゃんがボールを見て興味を示したり、ボールの方に行こうとしたら、キックする感覚を掴めるようにママが足の裏を優しく押してあげましょう。ママがズリバイのお手本を見せるのもいいですね!

■お気に入りのおもちゃで名前を呼ぶ

赤ちゃんがうつぶせになっている目線の先に、赤ちゃんがお気に入りのおもちゃを置いて「○○ちゃんおいでー!」と、名前を呼んであげましょう。おもちゃを使わずにママが呼んであげるのでも大丈夫ですよ!

赤ちゃん ハイハイ 前兆

パパやママは早く赤ちゃんにハイハイしてほしくてハイハイの姿勢をとらせてしまうかもしれませんが、これは赤ちゃんにとって危険なこともあります。

まだきちんと筋肉が発達していないこともありますし、赤ちゃんが怖がってしまうこともあります。自然に出来るようになるまで見守ってあげましょう。

ハイハイをすることで赤ちゃんの行動範囲が広がります。危険なものを避けて、怪我がないようにしてあげましょう。

  • ドアが簡単に開かないようにする
  • テーブルなどの家具のでっぱりをガードする
  • ドアに手を挟まないようにする
  • ティッシュやリモコンなどは赤ちゃんの手の届かないところに置く
  • 口に入れてしまいそうなものは床に置かない
  • 階段がある場合、転落に気を付ける
  • 電気製品やコンセントは感電してしまうこともある

赤ちゃんの行動範囲が広がると、大人が思いもよらない行動に出ることがあります。危険だと思われるものは、すぐに片付けるようにしましょう。

ハイハイしなくても大丈夫!ハイハイせずに歩く子もいます

赤ちゃんがなかなかハイハイをしないからと言っても、焦る必要はありません。

赤ちゃんの発達には個人差があります。中にはハイハイが出来ないままつかまり立ちをして歩き出す子もいますし、ズリバイや高ばいはしても、ハイハイをしない赤ちゃんもいます。

また、右と左でアンバランスなハイハイをしていて心配になってしまうママもいると思いますが、赤ちゃんの発達は左右一緒に進むわけではないので、特に心配する必要はありません。ですが、もし心配なようでしたら保健師さんに相談してみると良いでしょう。

赤ちゃんの発達の中で、ハイハイは「オプション」のようなものです。赤ちゃんの発達の目安を調べる指標は「寝返り、お座り、つかまり立ち、伝い歩き、歩行」が良く使われますが、個人差があるハイハイは指標には使われません。

ハイハイをしないで成長していく赤ちゃんもいますので、あまり心配しないようにしてくださいね。

 - 健康と医学