調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

朝に体重が減らない原因とは?対処方法を紹介します!

2017.8.23

一日の中で朝が一番体重が軽いと言われていますが、その理由にはどんなものがあるのでしょうか?

朝に体重が減らないのはどうして?

眠っているあいだ効果的に、体重を減らすのにはこんなコツがあるようです。気になる効率的な代謝のあげ方を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

インフルエンザなのに会社に出勤したら後からばれる?そのときの反応とは

「インフルエンザ」の重症化を防ぐためには、予防接種受けておくのが効果的のようです。 では、もし...

眼鏡の度数がきついときの対処方法について紹介します

度数のきつい眼鏡をかけると、体にこんな影響が出てしまうんです!? きつい度数の眼鏡がダメな理由...

眼科でコンタクトの処方箋のみ出してくれる?できない時の対処法

コンタクトを購入する時は、眼科で出してもらった処方箋が必要になりますよね。 処方箋のみもらえた...

肌荒れや吹き出物に悩む30代女性必見!その原因と対処方法

30代からの肌荒れや吹き出物に悩んでいませんか? 若い時は肌のトラブルに悩んだことがなかったの...

虫歯を放置すると大変!虫歯になりやすい奥歯は特に注意です

歯が痛くても忙しくてなかなか歯医者に行けず、虫歯を放置してしまう人もいることでしょう。 しか...

指や爪が変色してきた!茶色などに変色した時の注意点とは

気付いたら、指や爪などが茶色に変色している…。これは何かの病気なのでしょうか? 変色する場所な...

マッサージの仕事は大変って本当?マッサージ師に聞いてみよう

マッサージにかかると心身ともにリフレッシュ!でもマッサージ師の仕事って大変そうって施術してもらうたび...

空腹時の吐き気や微熱の症状がある食べづわりについて検証

妊婦さんの悩みのタネの「つわり」・・・微熱や頭痛や吐き気など、人によって様々な症状があらわれます。 ...

腕立てしても筋肉がつかないのはなぜ!?筋トレや食事を見直そう

筋肉質な二の腕に憧れて、筋トレにチャレンジしようと思っている方がいらっしゃいますよね。 ぷよぷ...

緊張からくる吐き気を緩和させるには?㊙対処法!

特別な場面ではどうしても緊張してしまいますし、吐き気もしてしまいます。 ただそれが日常的に起こ...

献血の基準が厳しいのはどうして?気になる献血について

献血をするには、献血ができるかどうかの基準があるのを知っていますか? その基準はけっこう厳しい...

妊娠中の貧血は薬や食生活の見直しで貧血は防ぐことができます!

妊娠中に貧血になってしまうことはそう珍しいことでは、ありません。 そんな時には病院で処方された...

妊娠中、車に長距離のる時のポイントとは?妊娠中の車の乗り方

車に長距離乗るとき、妊娠中はいったいどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? つわりに個人差...

耳をマッサージするだけでこんなに嬉しい効果や効能!

耳にはたくさんのツボがあります。 耳のマッサージはコツをつかめば、自分でも手軽に始めることがで...

妊娠中の日記をノートに残そう!マタニティダイアリーのつけ方

妊娠中にその時の様子を日記に残しておく妊婦さんもたくさんいます。 自分のお気に入りのノートを使...

スポンサーリンク

朝に体重が減らない理由にはどんなものがあるの?

寝ている間にも、呼吸や代謝などで体重は減るようになっています。しかし、いろいろな理由で体重が減らないこともあるでしょう。その理由にはいったいどんなものがあるのでしょうか?

体重は、その日の気温や行動したときの汗の量や前日の塩分の取り具合、体調、前日に食べた炭水化物や脂質のバランス、女性の場合は月経前のホルモンバランスによっても大きく変わってきます。

ダイエットをしていても、思うように体重が減らないことは普通のことと言えるでしょう。いくら激しい運動をしても、食べる量を少なくしても生理中はどうしても水分代謝が悪くなってしまうので体重が増えてしまいます。

この期間は、痩せにくい時期なので体を休めてあげるようにしましょう。生理後は、ホルモンバランスも落ち着き運動もしやすく体重が落ちやすい期間なのでメリハリをつけてダイエットを行うことが大切と言えます。

体重が減らない日があっても気にせず、生理前や生理中は温かい飲み物や香味野菜を取り入れて冷えを改善することによって体重の増加を防止できるでしょう。

朝に体重が減らないのは水分不足?

あなたは寝る前に、お水やなにか飲んでから眠りにつきますか?寝る前に水分をとるのは、トイレに行きたくなったら困るからあまり飲みすぎない、または飲まない人が多いのではないでしょうか?

しかし、寝る前に水分をとることできちんと水分代謝ができると言えるのかもしれません。人は寝ている間に、コップ1杯程度の汗をかくそうです。呼吸をするだけでも体の水分を使っています。寝ているときも水分は必要となり、その水分が足りていないと眠りが浅くなり、眠りが浅いため朝にスッキリ起きれないというような悪循環が起きてしまいます。

体は水分が足りていなくとも、呼吸を止めるわけにはいけませよね。この水分不足の状態は血液濃度が高くなり、血液ドロドロの状態になり、血栓などができやすくしてしまうのです。ですので、しっかりとした睡眠をとることで水分代謝が上がると言えます。

腸に吸収しやすい5~15度程度の常温の水をコップ1杯程度、寝る前にとるようにしてください。寝る前と言っていますが、できれば寝る直前ではなく寝る30分前に飲むようにすることでむくみにくくなるでしょう。

朝に体重が減らないのを改善するには?

体重を減らしたいときには、食事制限や運動など今よりも何かを努力しなくてはいけないと思いがちですが、冷たい飲み物から常温のものや温かいものにしたりシャワーではなく湯船につかるといったことで代謝が上がりやすくなります。

確かに、食事制限や運動は目に見えてわかりやすく体重が落ちるかもしれません。しかし、そのぶんリバウンドもしやすいと言えるでしょう。

食事制限や運動を止めたとたん、体重が戻ったり増えてしまったりしますよね。ですので、朝に体重が減らないのを改善するには日ごろの生活を少しづつ変えることが効果的かもしれません。

生活そのものを変えるので、リバウンドは起きにくいのではないでしょうか?すぐに効果はでなくとも太りにくい体を手に入れられるのではないでしょうか?

ますは、一週間のうちにお風呂にゆっくり入れる時間をつくるだけでも効果があると思います。ぬるめのお湯に、長く入るといいでしょう。お風呂から上がったら、200mlくらいの水分をとるようにしてください。

朝に体重を減らすには睡眠時間も重要!

とくに、食べ過ぎたり運動をしていないわけではないのに体重がなかなか落ちない人はもしかしたら睡眠時間が足りていないのかもしれません。

睡眠時間と肥満率は、大きく関連していて7時間以上睡眠を取っている人は肥満率がもっとも低く、5時間睡眠の人は肥満率が50%高く4時間未満の人は73%も高いということが研究結果として出ているそうです。

睡眠時間が少なくなると摂取カロリーが高くなったり、ジャンクフードが食べたくなるそうです。眠っている間には、さまざまなホルモンが出ています。このホルモンの影響で痩せにくい体を作ってしまうのです。

コルチゾールというホルモンは糖の代謝、脂肪の代謝、タンパク質の代謝などエネルギーの代謝を行っているのですが睡眠不足になると、危機状態と判断し脂肪を溜め込んでしまいます。

眠っている間に出ると言われる成長ホルモンは肌や筋肉の修復・成長、脂肪の代謝を行いますが、眠りが浅いことによって、成長ホルモンの分泌を妨げ代謝がうまくできなくなってしまいます。きちんと睡眠をとることで、朝に体重が減るようになるのかもしれません。

寝ている間に体重を減らしたいなら・・・。

眠っている間に、代謝を高めたいなら睡眠の質を上げることが重要となります。睡眠の質を高めるにはいったいどんなことをしたらいいのでしょうか?

まずは、寝る3時間前には食事を済ませるようにしましょう。睡眠の質をあげるには、お腹の中に食べ物がいっぱいでも空っぽでもいけないそうです。しかし、なかなか時間通りに食べることができないこともありますよね。そんな時には、脂っぽいものはではなく消化の良いものにしたり、夕方頃に捕食をして夕食の量を減らすといいでしょう。

また、眠る前のスマホはメラトニンというホルモンを出しにくくしてしまいます。眠気を誘う働きがあるメラトニンですが、ブルーライトやバックライトを見ることで眠気がなくなり睡眠時間を減らしてしまう原因となります。

朝の眠気を覚ますにはちょうどいいのですが眠る1~2時間前はテレビやスマホを見ないようにすることで寝つきがよくなるでしょう。

眠る1時間前に大さじ1杯のはちみつをとることで、スムーズに成長ホルモンが分泌されるそうです。成長ホルモンをつくる元となる糖ですが、砂糖よりもカロリーが低く体に吸収しやすいはちみつは睡眠の質を上げてくれるダイエットの味方と言えるかもしれませんね。

 - 健康と医学