調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

香典を遠方の方に送る時の、送り方マナーの注意点とポイント

2017.9.9

香典は遠方で葬儀に参列できない時、郵送しても大丈夫?送り方のマナーの注意点はどんなこと?

香典を送る時に一緒に入れる手紙を書く時にも、気をつけなければならないことはあるの?

ここでは香典を遠方の方に送る時の注意点や、手紙を書く時のポイントをご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夏の朝の爽快シャワー!効果的に浴びる方法

朝はシャワーを浴びて目を覚ますという人も多いでしょう。特に汗をかきやすい夏は爽快ですよね。 で...

正月に掃除・洗濯をしてはいけないと言われる理由をご紹介

正月には掃除や洗濯はしない方がいいという話を聞いたことがありますか? 最近は、そのようなことを...

夜の洗濯で気になる臭い!その原因と対処方法をご紹介

仕事から帰ってきて夜洗濯する方は意外に多いみたい。そこで気になるのは生乾き臭などの嫌な臭いですよね~...

男性の一人外食に抵抗を感じている人が増えてきている理由

一人での外食が苦手というのは、女性に限った話ではないようです。 男性の中にも一人で飲食店に入る...

賞味期限切れのビールの使い道、捨てるのはもったいない!

家にストックしてあるビールが、気付くと賞味期限切れに…。 そんな経験はありませんか? 賞...

貧乏な家庭ほど子供が多いのはなぜ?納得の理由があった!

貧乏な家庭程なぜか子供が多いと感じたことありませんか? 貧乏なのに子供が多いのはどうして?貧乏...

セロリの葉っぱは食べれるんですよ!効果とレシピも紹介します

セロリの葉っぱを捨ててしまってはいませんか?セロリの葉っぱは食べれるって知っていましたか? セ...

挨拶を無視する人とのご近所トラブルを回避する方法について

あなたの住んでいる住宅では、ご近所の方はきちんと挨拶をしてくれていますか? 挨拶をしても無視す...

女性で独身!昔とは違い仕事でも私生活もメリットいっぱい

独身女性は仕事場で肩身が狭い?いえいえ、今はそんな事ありませんよ~。 男性と肩を並べてバリバリ...

結婚式に出席する時には荷物を預ける場所や式場でのマナー

初めて結婚式に出席する時には、どんなマナーがあるのかわからないこともたくさんありますよね。 ま...

夏の終わりはいつから?みんなが感じる夏の終わりについて

暑い夏の日が続くと早く涼しくならないかなっと思いますよね。 夏の終わりっていつの事をいうのでし...

夜中にメールを送るのは非常識です!気を付けたいメールのマナー

夜中にメールを送るとき、相手の都合やマナーを意識して送っていますか? 夜中は寝ている人が多く、...

彼氏彼女の実家に挨拶する時の手土産品や服装や注意点

結婚の挨拶に行くのに彼氏彼女の実家に挨拶に行く際には、挨拶の言葉はもちろん、手土産品や服装などに頭を...

保険のセールスがしつこい!断り方についてご紹介!

保険のセールスってとてもしつこいですし断り方に困りますよね。 断っても何度も何度も来ますしどう...

大学生の一人暮らしでペットは飼える?注意点を教えます!

大学生になって一人暮らしを始めると、寂しい気持ちを紛らわすためにペットが欲しくなることもあるでしょう...

スポンサーリンク

遠方だったり、事情があって参列できない時の香典の送り方

もしさまざまな理由で通夜にも葬儀に参列できない時、お悔みの気持ちと共に香典を送りたいと考えた時に、郵送して大丈夫?失礼じゃない?と悩む人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、香典は郵送しても大丈夫なのです。

香典を郵送することは失礼ではありませんが、郵送する時の注意点をきちんと把握しておくことがポイントです。

  1. まず送る金額を決め、その金額にあった香典袋と現金書留を用意します。※入れるお札は新札は避けてください。(現金書留は郵便局で購入できます。2種類のサイズがあります。)
  2. 香典袋にお金を入れ、封を閉じ現金書留の中にお悔やみの手紙を同封します。
  3. 郵便局の窓口で郵送の手続きをしてください。

遠方だったり事情があって参列できない時には上記のことを踏まえ、郵送しても大丈夫ですので安心して送ってください。

遠方の方へ香典を送る時の送り方にはこんなことにも気をつけて!

香典を郵送する時の注意点を先の記事で簡単にご紹介しましたが、気をつけなければならない細かい注意点をさらに詳しくご紹介します。

まず、香典袋に入れるお札は新札は避けましょう。理由は「亡くなるのを待っていたかのように用意をしていた」と言うことから香典袋にいれるのには、ふさわしくないと言われています。

もし持ち合わせがなく銀行でおろした時に新札だった時には、お札に折り目をつけてください。現金書留で送る際には必ず香典袋に入れ、参列できないお詫びの手紙も入れましょう。

送る先は喪主の方の名前にしてください。

また弔電と一緒に電報為替で香典を送ろうと考える人もいるかとは思いますが、葬儀のあとも遺族の悲しみは続くとともに心身疲れていることも考えられますので、現金書留で香典を送る方が良いでしょう。

また、香典袋には必ず住所と氏名はきちんと書いておくことをおすすめします。いろんな対応に追われ現金書留の袋は必要ないと思い、捨てる場合があります。

この時に送り主の住所と氏名を香典袋に書いてないことがあると、誰から送られてきたのか分からなくなる場合があるようなので、きちんと記入しておくことが必要です。

遠方で葬儀に参列できない時の香典の送り方は?まず弔電を先に

遠方の方や急な葬儀で参列できない時には、香典はどのタイミングで送ろうと悩みますが、まずそういった場合には弔電を打つことを先にしましょう。そのあと葬儀が終わってからでも良いので、追って香典を郵送してもかまいません。

初七日までに送るようにするのが、一般的なマナーです。弔電は電話でもインターネットからも申し込むことができます。この時に事前に用意しておくことがあります。

  1. 相手の住所、名前、電話番号、葬儀場の場所
  2. お届けする日
  3. 支払い方法 ※クレジットカードやコンビニ払いを選ぶことができます。

また弔電と一緒にお線香やろうそく、ブリザーブドフラワーなども一緒に送ることができますので、併せてご覧になってみてください。

どうしても葬儀に参列できない時には人に香典を預けることはせず、まず弔電を打ち後日葬儀が終了したあとに香典を送ることが1番良いマナーでしょう。

一緒に郵送する手紙や封筒のデザインはどんなものを選ぶべき?

遠方で葬儀に参列できない時に香典と一緒にお悔みの手紙を書いて一緒に送る場合、その時に使用する便箋や封筒やペンなどは、どんなものを使えば良いか悩みますよね。

一般的にはお悔やみ事の場合、白無地のものが好ましいと言われています。もし色のついたものを使用するのであればシンプルで落ち着いたグレー・すみれ色・深緑色のデザインの便せんや封筒を使いましょう。

ペンはどんなものが良い?普段使い慣れていないと、墨で書くのは難しいですよね。筆でなくても、万年筆や黒のボールペンでも大丈夫です。親しい間柄でも、カラーペンを使うのはやめましょう。

字が下手だからパソコンでと言う人もいますが、必ず手書きで書いてください。どんな字でも一生懸命に書いた字は、相手に気持ちが伝わるものです。

今は文房具屋さんにたくさんの不祝儀用の送り状や、手紙セットの種類が豊富にありますので何かの用事がある時に一度見ておくことも良いかもしれませんね。お悔やみの香典や手紙は、初七日までに出すのがマナーです。

葬儀終了後に知らせを受けた場合の、香典や手紙の送り方

遠方などの知人から葬儀終了後に喪中はがきで訃報を知った場合、香典や手紙などを送ろうとする時は出来る限り、早めに送るのがマナーと言われています。

葬儀の知らせを受けている場合の一般的香典や手紙を送るのは、初七日までに出すのがマナーです。なので葬儀終了後に知らせを受けたら、一日も早く送りましょう。

現金書留には2種類のサイズがありますのでご紹介します。サイズと封筒の料金は下記のようになっています。

小さい方・約119 × 197 mm 約8.5g 21円(=定形郵便物)

大きい方・約142 × 215 mm 約10.7g 21円(=定形外郵便物)

香典袋や手紙の大きさに合わせて入るサイズを確認し郵便局で購入してください。

また香典を送る際には49日法要の前であれば「ご霊前」、49日法要後であれば「御仏前」のご祝儀袋を使用するように注意してください。

 - 生活と文化