調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

レトルトカレーに栄養はあるの!?栄養価とちょい足しレシピ

2017.8.27

多くの家庭に常備してあるレトルトカレー。時間がない時や冷蔵庫に食材がない時など助かりますよね。

しかし、このレトルトカレー、栄養価はどうなのでしょう?頻繁に食べるのはあまり良くないのでしょうか…。

レトルトカレーについて調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

産後は実家に帰りたい!そんな方への注意点はコレ

産後は実家でゆっくりしたい、帰りたいというママ多いのではないでしょうか? しかしあまり長く実家...

腕立てしても筋肉がつかないのはなぜ!?筋トレや食事を見直そう

筋肉質な二の腕に憧れて、筋トレにチャレンジしようと思っている方がいらっしゃいますよね。 ぷよぷ...

ランニングのダイエット効果はいつから現れる?徹底調査!

ダイエットが目的でランニングやジョギングなどを始める女性も多いでしょう。 でも、効果が出る前に...

嘔吐した時に子供に食べさせて良い食べ物は?まずは水分補給から

子供が嘔吐してしまった時、どんな食べ物のを食べさせればよいかわからずに悩んでしまいますよね。 ...

癌はリンパ節への転移が病状の進行に大きな影響を与える!

癌は昔に比べれば「不治の病」ではなくなってきています。しかし、リンパや血液への転移があると、全身に広...

眼鏡の度数がきついときの対処方法について紹介します

度数のきつい眼鏡をかけると、体にこんな影響が出てしまうんです!? きつい度数の眼鏡がダメな理由...

会話ができない病気や会話が苦手など会話についてご紹介します!

人と話しているときにすんなり言葉が出てこなかったり、話が進まなかったりなんてことありますよね。 ...

献血の基準が厳しいのはどうして?気になる献血について

献血をするには、献血ができるかどうかの基準があるのを知っていますか? その基準はけっこう厳しい...

手や足にできる小さい水疱の正体は?早めに治療するのが吉!

手や足に小さい水疱を発見。かゆみはありますか?何度か繰り返していませんか? かゆみがあったり頻...

朝夜の頭痛!時間帯別で頭痛が起こるのは頭痛の○○が違う!

朝起きると頭痛する人や夜になると頭痛がする人。どうして時間別で頭痛が起きるのか謎ですよね! た...

障害はその人の個性です!メリットを有効活用した生活を!

子供の頃にはわからくても、大人になってから発達障害と診断される人は年々増えてきています。今までどうし...

赤ちゃんがハイハイする前は前兆がある!ハイハイの前兆はコレ!

赤ちゃんがお腹で床を移動し始めたら、それは「ズリバイ」です。 もうすぐハイハイするかな?という...

自転車と徒歩はどちらが痩せる!?ダイエット効果の違いとは

ダイエットをしようと思ったときに、すぐに誰でもはじめやすい自転車と徒歩(ウォーキング)ではどんなダイ...

コーヒーで下痢や吐き気が起こる原因や対処法について

コーヒーが好きで飲みたいけど、コーヒーを飲んだら下痢や吐き気がする…。 コーヒーアレルギーなの...

インフルエンザなのに会社に出勤したら後からばれる?そのときの反応とは

「インフルエンザ」の重症化を防ぐためには、予防接種受けておくのが効果的のようです。 では、もし...

スポンサーリンク

気になるレトルトカレーの栄養は?

家庭で作るカレーには、ビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養素が含まれていて栄養価の高い食べ物です。
しかし、レトルトカレーになると、量的にも少なくなりますし、ご飯の分を足しても十分な栄養には足りていません。タンパク質も基準より下になってしまいます。

すぐに食べられるのがレトルトカレーの魅力ですが、少し食材を加えて栄養バランスを整えて上げると、完璧な一食になります。
冷蔵庫の中にある食材をプラスして、不足する栄養素を補いましょう

カレーに卵やチーズをトッピングすると、タンパク質やカルシウムが摂取できます。柑橘系のジュースやフルーツを添えると、ビタミンCや葉酸も一緒に摂れます。
栄養のバランスを考えるなら、レトルトカレーだけに限らず、他の食材もプラスして栄養を補うことが必要です。

レトルトカレーにちょい足しで栄養価アップ

レトルトカレーは美味しいですが、野菜が少なく、野菜不足を気にする方が多いでしょう。レトルトカレーを食べる際には、野菜もちょっとプラスしてみましょう。

コンビニの野菜サラダを一緒に食べるという方法も、もちろん良いですが、冷蔵に残っている野菜を適当な大きさに切り、レンジでチン。レトルトカレーの中に投入する、という方法もおススメです。生野菜は体を冷やすと言われますが、温野菜にすると体も冷えにくく、生で食べる時よりも多くの量を食べることができます。

もともと美味しく作られているカレーですが、辛い味が好きな人やちょっと刺激的なカレーが食べたいと言う時には、スパイスをちょっと足す、という食べ方もあります。
レトルトカレーは一般的に食べやすい味付けになっているので、物足りなさを感じたり、味が単調に感じる時にもおすすめです。カレーのスパイスはさまざまありますが、ガラムマサラやターメリック、ナツメグなどは手に入れやすく使いやすいスパイスです。
100円ショップでも販売されていますし、スーパーでも購入しやすいでしょう。たまには、自分でアレンジしたスパイスカレーもいいですね。

レトルトカレーには栄養豊富なあの食材が合う!?

カレーのトッピングにはいろいろなものがあります。

定番ではチーズや、卵コーンやソーセージなども人気です。

実は意外にも「納豆」を入れるのが好きという方もいるのです。初めて聞いた時は驚きましたが、有名人の方もテレビでこの食べ方をしていました。

納豆は言わずと知れた栄養豊富な食品です。納豆菌は耐熱性もあり、熱にも強く栄養もほとんど損なわれません。
熱に弱いと言われるナットウキナーゼは、70℃以上の熱で少しづつ効果がなくなっていくと言いますが、トッピングで乗せるならば大丈夫でしょう。

納豆は過熱すると、独特の匂いも強くなります。カレーに入れて煮込むとなるとちょっと匂いが心配ですが、トッピングとしてなら食べやすく栄養価も格段にアップできるのでおすすめです。

レトルト食品の安全性について

カレーに限らずレトルト食品の安全性が気になる方も多いと思います。

レトルト食品というのは、保存料・殺菌料を使用せずにレトルト殺菌することにより、長期保存が可能な食品です。
保存が効くため、保存料や添加物が大量に含まれていると思っている方もいると思いますが、それは違うようです。
食品衛生法では、保存料・殺菌料を逆に使ってはいけないと定められているのです。

レトルト食品のような長期保存できる食品には、いろいろなものが入っていると考えがちですが、これは誤解です。

三大栄養であるタンパク質・脂質・糖質。タンパク質に付いては過熱変性の影響も考えられますが、他の脂質・糖質は気にすることはないでしょう。
120℃の殺菌でミネラル類にも影響はないそうです。

しかし、熱に弱い特徴を持つビタミンCなどは高温で壊れやすいので、他の食品から積極的に摂取しましょう。レトルト食品は、思っていたよりも安全性の高い食品なのです。

栄養バランスを考えない食生活を送った結果…

健康的な毎日を送るためには、栄養バランスのとれた食事が必要です。
時間的に忙しくレトルト食品ばかりの生活や、金銭的な理由でレトルトが多いという方もいるかもしれません。
知らず知らずのうちに栄養失調になっている、ということもあるのです。

20代前半のある女性の体験です。
女性はお給料のほとんどを洋服代に使ってしまい、食費にまでお金がまわらず、実家から送ってもらう麺類やレトルトカレーが主な主食でした。
もともと野菜が苦手な方で、積極的に野菜を食べることもなく、コンビニのお弁当を買った際もご飯とお肉類のみ食べて、野菜は残していたと言います。

そんな生活を続けていたある日、女性は足に虫刺されのような発疹が大量に現れました。初めは虫刺されだと思い、市販薬を塗っていたのですが効果もなく、かゆみで眠れない夜が続きました。良くならないので病院へ行くと、先生からは「栄養失調です。ダイエットは止めて下さい」と言われたのです!女性は、意外な言葉に大変驚いたそうです。

まさか、足に発疹が出て『栄養失調』と言わるとは思ってもみませんよね。しかも、ダイエットなんてしていませんでしたし…。
ラーメンやレトルトカレーでお腹がいっぱいになり、お腹が満たされればそれでいいと思っていたそうですが、この一件がきっかけで食生活に気を付けるようになったそうです。

皆さんも栄養のバランスに気を付けて、健康的な生活を心掛けましょう!

 - 健康と医学