調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

缶詰のフルーツでビタミンチャージ!手軽に楽しむ方法

2017.11.11

風邪を引いたときなどにフルーツの缶詰を食べると途端に元気になったりしませんか?

フルーツの缶詰でもビタミンや食物繊維が取ることができるのです。

手軽に楽しめる缶詰のフルーツでビタミンチャージしちゃいましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

足の親指が腫れてる気がする…ピリピリするのはもしかして…

足の親指を、左右比べてみるとやっぱり、腫れている気がする…健康診断の血液検査で、尿酸値の値が高いのな...

赤ちゃんがハイハイする前は前兆がある!ハイハイの前兆はコレ!

赤ちゃんがお腹で床を移動し始めたら、それは「ズリバイ」です。 もうすぐハイハイするかな?という...

肌荒れや吹き出物に悩む30代女性必見!その原因と対処方法

30代からの肌荒れや吹き出物に悩んでいませんか? 若い時は肌のトラブルに悩んだことがなかったの...

眼鏡の度数がきついときの対処方法について紹介します

度数のきつい眼鏡をかけると、体にこんな影響が出てしまうんです!? きつい度数の眼鏡がダメな理由...

豆乳や納豆の栄養とは?それぞれの栄養や特徴について

豆乳や納豆の栄養にはどんなものが含まれているのでしょうか? 同じ大豆製品だけれども、違いはある...

給食で牛乳を拒否する方法や理由など給食の牛乳について

給食で牛乳って必ず出てきてあるのが当たり前になっていますよね。 しかし、アレルギーなどで牛乳が...

マラソンしても体重が増加する?!こんな理由があります!

ダイエットのためにマラソンをしたけど・・・あれ?体重が増加している! こんなことありませんか?...

コンタクト使用で視力が下がる…その原因は自分にあります!

コンタクトを使うと視力が下がると聞いたことはありませんか?実は医学的な根拠はないと言われています。 ...

レトルトカレーに栄養はあるの!?栄養価とちょい足しレシピ

多くの家庭に常備してあるレトルトカレー。時間がない時や冷蔵庫に食材がない時など助かりますよね。 ...

声は変えることができる?手術にはリスクがつきものです

自分の声が気に入らなくて、変えることができないか悩むことってありますか? 中には、手術してまで...

癌はリンパ節への転移が病状の進行に大きな影響を与える!

癌は昔に比べれば「不治の病」ではなくなってきています。しかし、リンパや血液への転移があると、全身に広...

みんな経験する?目がチカチカしたり残像が残る原因をご紹介!

ふとした時に目に残像が残ってしまう…。運転中などの時はこの残像って邪魔で仕方ないんですよね! ...

聴覚過敏かも!少しの音にも敏感になってイライラが止まらない

現代人は、さまざまな音に囲まれて生活しています。音に敏感になってしまうと、絶え間なく聞こえる小さな音...

風邪で咳がとまらない。マスクの効果と選び方とは

風邪をひいて咳が出る・・・そんなときマスクは必需品ともいえますが、マスクは本当にする意味があるのでし...

むせるような咳がつらい、咳が続く…可能性がある病気とは!

むせるような咳が続く…。風邪ではなく別の病気では?と不安になることはありませんか? 風邪が治っ...

スポンサーリンク

缶詰のフルーツでもビタミン補給はできるの?

缶詰のフルーツって、生のフルーツと比較すると栄養価はどうなのでしょうか?

甘いシロップに漬けられているので、やはりカロリーは高いようですね・・・

ダイエット中の人などは控えた方がいいみたいです。

では、ビタミンについてはどうなのでしょうか?

缶詰のフルーツは、加熱処理されているのでビタミンCや酵素などは消えてしまうそうです。

しかし、加熱処理でも消えない栄養素に関しては、生のフルーツと変わらない栄養が残っています。

それは、食物繊維やビタミンEなど。

ですから、ビタミン補給もできちゃうのです!

ただ、先ほどにもあったように、甘いシロップに漬けられているので、カロリーが問題です。

なので、たまに食べる程度がちょうど良いかもしれませんね。

風邪であまりご飯が食べられない時などには、口当たりも良くピッタリでしょう。

例えば、プレーンのヨーグルトを食べる時に缶詰のフルーツを加えると手軽で美味しくビタミン補給でき、砂糖よりもヘルシーに楽しめますよ!

ぜひ試してみてくださいね!

フルーツや野菜の缶詰のビタミンとは

ある大学の研究チームが、栄養価と費用についてフルーツと野菜の缶詰製品を生鮮品と比較してみました。

その結果、フルーツと野菜の缶詰製品のお栄養価とは、生鮮品のものとも変わらず、むしろその物によっては缶詰製品の方が栄養価が高いものがあることもわかりました。

例えば、トマトの缶詰のリコピン含有量は、新鮮なトマトに比べると高く、さらにビタミンB類も高くなるそうです。

また、豆類なども野菜の食物繊維よりも高くなるということもわかりました。

それに、缶詰製品は価格も生鮮品や凍結品のものと比べて安いので、とても手軽に栄養を取ることができるのです。

さらに、加熱処理もされているので安全性も確保されています。

栄養価もあり、安全で価格も安いとなれば、これは貧困層や僻地在住者にとって、すごく有効的ですよね。

ぜひ活用していきましょう!

缶詰のフルーツを手作りで!ビタミンチャージしちゃおう

フルーツの缶詰と言えば、やはりミカンが思いつきませんか?

このミカンの缶詰の味を手作りで再現することができるのです!

まずは、ミカンの皮をむきましょう。

この時、薄皮はつけたままで、一房ずつバラバラにします。

次に、鍋に水を500mlと重曹大さじ1を入れて、火にかけましょう。

それから、煮立った鍋に実が崩れないように注意しながら、穴あきのお玉などにミカンの房を乗せて入れ、ぐるぐるとかき混ぜましょう。

すると、だいたい2分ほどでで薄皮がなくなります。

お湯がミカン色になってきたら、ミカンを引き上げましょう。

そして、今度は穴あきのお玉にミカンを乗せたまま水を張ったボールの中に入れ、そーっと振り洗いをします。

これは重曹水をよく洗い流すためです。

そして、このミカンにシロップを漬けると、まさにミカンの缶詰の味が再現されます。

甘くてとても美味しいですよ!

ミカンの缶詰の味が食べたいなと思ったら、ぜひ試してみてくださいね!

もちろんこれは缶詰と違って保存は利かないので気を付けましょう。

缶詰はどれだけ保存されるのか?

缶詰とは、完全に密閉され加熱殺菌したものです。

ですから、その中身は腐ることはなく、常温でも保存しておくことができます。

では、どれだけ古い缶詰でも大丈夫なのでしょうか?

1938年に、世界で最も古いと思われるイギリスで114年間保存されていた牛肉や野菜の缶詰が調べられた記録があるそうです。

その結果、香りや味もそれほど悪くない状態で、食べることができたとのことです。

缶詰って本当にすごいですね。

まるで、歴史をそのまま物語るようなものとも言えるでしょう。

ただ、缶詰にも賞味期限があり、賞味期限が近付いたものは缶詰の種類によっては金属のにおいが感じられることがあるそうです。

でも、このにおいも缶から出して軽く食品を温めることでほとんど気にならなくなります。

缶の内面の腐食や中身の変化を防ぐためには、内面塗装した缶が用いられているのです。
これにより、特有のにおいを防ぐこともでき、保存性もより高めることができるのでしょう。

このように、缶詰とは安全性を保つためにもいろいろな工夫がされているのですね。

缶詰の保存方法について

缶詰の製造工程とは、容器である缶に食品を詰めた後に中の空気を除いて、それを密封し、加熱殺菌されています。

これにより、常温でも長く保存することができるのです。

しかし、その中身の食品によっては保存期間とは異なってきます。

もちろん腐ってしまうことはありませんが、美味しく食べられる期間というものがあるのです。

つまり、賞味期限ですね。

賞味期限が過ぎていても、食べることはできます。

ただし、缶が膨張していたり、中から液がにじみ出ているようなものは、食べられません。

缶詰の保存方法についてですが、まずは太陽の当たらないところに置かないようにしましょう。

そして、缶に水滴がつかないように気を付けましょう。

 - 健康と医学