調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

接客で販売成績を伸ばすコツは、見た目の印象と会話術

2017.9.23

同じ仕事をしていても接客や販売で好成績を出せる人と出せない人がいます。

お客様の要望を上手く引き出し、販売成績を伸ばす接客には、それなりのコツがあるようです。

それは難しい専門知識ではなく、身だしなみやあいさつ・言葉遣いなどにポイントがあるようですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

会社で電話を切る時のマナーは!?タイミングや言葉が知りたい!

会社などで電話を掛けた時や受けた時、電話を切るタイミングや言葉が分からずアタフタしてしまったことって...

40代専業主婦が資格取得を目指すなら?諦めるのはまだ早い!

子育てもひと段落する40代。ずっと専業主婦でいてそろそろ何か資格を取って仕事でも・・・と考える人も多...

旦那が無職それも40代・・・夫婦の試練が試される時

旦那がある日突然無職になってしまったら、妻であるあなたはどうすればいいのか途方にくれるでしょう。 ...

知っておこう!アルバイトを退職する時のお礼の仕方

アルバイトを退職する際には、お世話になった方たちにお礼を伝えますよね。 でもどんな言葉で?タイ...

同僚の退職で寂しいと感じている人!退職までの間に出来ること。

同僚の退職…聞いた時はショックを受けると思います。 同時に寂しい気持ちや不安ものしかかってくる...

仕事で上司にきつい態度、きつい一言を言われイヤな気分の時には

仕事ってストレスですよね?その上、上司がきついとさらにストレスですよね? 「言い方ってあります...

事務未経験で不安な人へ・・・仕事内容や必要スキルについて

事務の仕事を未経験から始めようと思っても、仕事内容やスキルなどが足りているか不安に思うでしょう。 ...

仕事を早退する場合の理由は、どうしてる?早退のルールとマナー

私用などで、仕事を早退しなければならない時には会社にどう報告をしていますか? 仕事を早く切り上...

バイトの先輩に嫌われるのはどうして?仲良くなるためには

もしかして、バイトの先輩に嫌われているのではと気になっているあなた。 では、どうしてバイトの先...

仕事で真面目すぎると損しかしない!?その理由と対策とは

仕事に対して真面目な姿勢でいるのは大変素晴らしいことですよね。 ですが真面目過ぎるが故、あらゆ...

会社で風邪をうつさないためのマスク着用マナー

風邪を引いた時に、会社でマスクはするべき? また商談や取引先に出向く時には、どのタイミングで外...

休日に電話が会社からきたらでるべき?対処方法について

あなたは、休日に会社から電話がかかってきたら対応しますか? 休みであっても、会社の電話には応じ...

高卒と大卒とでは価値観が違ってくる?を徹底調査!

社会に出れば、自然と高卒と大卒、大学院卒に分けらえてしまうものです。そしてそこにはそれぞれ価値観の相...

仕事の電話で「もしもし」がマナー違反である理由とは

普段電話を掛ける際や出る際、冒頭で「もしもし」というのはとても一般的ですよね。 しかしこの言葉...

コンビニバイトは、髪染めしながらでも出来るのかを調査!

コンビニでバイトをする際は、明るい色に髪染めしても良いのか気になるところですよね。 店舗に...

スポンサーリンク

販売員の接客は3つのポイントを意識するのがコツ

ある人を始めて見たとき、最初の6秒で印象がきまってしまい、その後もその印象は8割ほど残り続けるという説があります。

つまり、接客を行う販売員も同じで、第一印象が以後の偉業成績にも影響するということになります。初対面での人の印象は、身だしなみ・笑顔・あいさつの3つが重要です。

◆身だしなみ
担当する商品や売り場に関係なく、外見から受ける清潔感はとても重要なポイントです。服装や髪型、女性はメイクにも清潔感を重視する必要があります。

◆笑顔
誰だって不愛想に接客されるよりも、笑顔でにこやかに話しかけられる方が気持ちがいいものです。

日本人はあまり感情をあらわにしないことが多いため、口角(口の端)が下がり気味な傾向があります。口角を引き上げるよう意識して、常に笑顔でいるよう心がけましょう。

◆あいさつ
人同士のコミュニケーションの中で、基本となるのがあいさつです。接客においても、まず「いらっしゃいませ」という挨拶からコミュニケーションがスタートします。

ただ、お客様によっては店員から声をかけられただけで「買ってくださいね」というプッシャーを感じてしまうことがあります。「こんちにちは、いらっしゃいませ」など、日常のあいさつも交えながらお客様が不快だと感じないよう気遣いが必要です。

接客時のわずかな言葉選びが販売を大きく伸ばすコツ

同じ店の中で、同じ商品を扱って、同じように接客しているはずなのに先輩や他の同僚よりも成績が伸びない。そんなことで悩んだら、まずは好成績をあげている販売員の接客を良く観察してみましょう。

お客様への最初の声掛けから気が付くことはありませんか?タイミングやしぐさなど、自分が普段行っている接客との違いを観察してみましょう。

ちょっとした言葉の遣い方や選び方に、自分の販売成績を上げるヒントがちりばめられているはず。同じ意味のことを言っているはずなのに、わずかな言い回しでお客様の反応は違ってきます。

本当にわずかな、ちょっとしたひと言を置き換えるだけで販売成績が違ってくることは珍しくないと言います。

少しでも成績が良くなれば自身がつき、余裕を持ってお客様との会話が自然にできるようになると、さらにお客様が安心感を感じることにも繋がります。

接客では商品の説明はあえてしないのが販売のコツ?

販売成績や良く、接客のスキルが高い人は専門家やアドバイザーのような空気を醸し出します。けして「絶対これが良いですよ!」「買うなら絶対これを!」などという強引な売り方はしません。

「買わせよう」という意図が見えてしまうとお客様はかえって引いてしまいます。「一緒に商品を選びましょう」という姿勢で接客すると、お客様は安心して商品についての希望などが言いやすくなります。

衣料品を扱うショップであれば「普段はどんなイメージの服がお好きですか?」、「あまりカジュアルになり過ぎない、キレイめな印象のものをお探しですか?」など、お客様の好みや欲しい物のイメージを引き出すように接客します。

「店員が売りたい物を売る」のではなく「買いたい物を一緒に探す」のです。すすめたい商品は、ついつい説明過多になりがちですが、基本的にはお客様から説明を求められるまで詳細な商品説明はしません。

商品の利点をベラベラと説明し、売ろうという気持ちが全面に出過ぎた接客ではお客様の購買意欲をそいでしまうばかりです。

販売での接客のコツは提案よりも質問、そしてニーズの発掘

いくらオススメ商品があるとしても、お客様が欲しい物のイメージとかけ離れていては販売に繋がりません。どんなものを探してるのかという「ニーズ」をできるだけ引き出しましょう。

店が売りたいものを売るのではなく、お客様が欲しいものを的確にオススメし販売することがリピーター獲得にも繋がります。どんなものが欲しいか、イメージや目的などを会話の中から聞き取り、商品を提案するのです。

  1. お客様の要望(ニーズ)を聞く
  2. 商品を提案する
  3. 商品について、詳しく説明する

というのが基本の順序。提案は押しつけがましくならないように注意し、説明は求められたらする。

販売員が前のめりで買うようにすすめるのは信頼関係にもかかわりますので、控えめにしましょう。接客とは、実は「提案する力」よりも「質問する力」こそが問われるのかもしれません。

販売の接客はセカンドアプローチが重要

「いらっしゃいませ」「どうぞごらんください」というファーストアプローチは、第一印象を決める際に重要になります。

しかし、実際に商品についての要望の聞き出しや提案は、その次のセカンドアプローチにこそかかっています。

商品を手に取ってみたり、店舗内を歩いては同じ商品の前に戻って来る。値段を気にしているなどの場合も声掛けのチャンス。手ごたえがあれば、そのままニーズを聞き出す流れです。

しかし、ファーストアプローチの段階で店員に声をかけられることを好まないお客様もいます。

断られてしまうと、再度アプローチすることに抵抗を覚えますが、多くの場合、2回目以降の声掛けでもそっけない態度を取るお客様は比較的少ないと言われています。

お客様の反応も見つつ、本当に1人でだたゆっくりと見たい・人と話すのが苦手というお客様は、少し離れて見守ります。しつこく声をかけることは避けましょう。

 - ビジネスと経済