調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

目から鱗!ハンバーグを冷凍する時には焼いてからが◎

2017.9.23

ハンバーグのタネがあまり、冷凍する時にはどんな方法で冷凍していますか?

実は焼いてからの方がオススメなのを知っていますか?

ここでは冷凍ハンバーグの美味しい食べ方や、保存期間についてまとめ調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

インフルエンザを学校に言わないで登校すると、大変なことに!

インフルエンザにかかってしまったけれど、どうしても登校したい・・・学校に言わないで登校するとどうなる...

これから買うなら携帯とスマホ、どっちを選ぶべきか教えます

いまだにスマホではなく「ガラケー」と呼ばれる携帯を利用している人も多数いると言われています。 ...

女性で独身!昔とは違い仕事でも私生活もメリットいっぱい

独身女性は仕事場で肩身が狭い?いえいえ、今はそんな事ありませんよ~。 男性と肩を並べてバリバリ...

入院の際に個室しか空きがない場合は拒否できるのかを調査!

入院する時、多くの方はベット代がかからない大部屋を希望すると思いますが、緊急入院で大部屋に空きがない...

家の掃除や片付けができないと嘆いてる方へ!簡単掃除術をご紹介

家の掃除や片付けが苦手と感じている方は多いのではないでしょうか。 キレイな部屋の方が居心地がい...

挨拶を無視する人とのご近所トラブルを回避する方法について

あなたの住んでいる住宅では、ご近所の方はきちんと挨拶をしてくれていますか? 挨拶をしても無視す...

夢や目標がないと悩んでいるあなたへ…探すヒントがありますよ!

夢や目標がないとお悩みのあなた。失敗や挫折を怖れているからですか? そんな人は周囲に合わせて自...

主婦に人気の資格は?就職する際に有利になるよう頑張って!

子供も大きくなったし、家計を支えるためにもそろそろ働こうかしら・・・と考える主婦はたくさんいます。再...

旦那とお金の価値観が合わない!バランスの取り方などを解説

いくら仲が良い夫婦でも、旦那と価値観が合わないことは多々あります。 しかし、お金の価値観が違う...

家のパーティーで楽しいご飯の時間にしたい!お勧めのレシピ

家で、パーティーをすることになりました。 集まる人も年齢がバラバラ・・・美味しくてみんなで楽し...

ニートと無職の明確な違いは?深刻な「スネップ」の人たち

ニートという言葉が世の中に定着していますが、実際どんな意味があって無職とどう違うのか知っていますか?...

猫が安心して出産できる年齢は5歳くらい。それ以降はリスク高

猫は生後半年ほどで出産できるようになります。では、何歳くらいまで出産できるのでしょうか。 年齢...

電車でスマホを使うのはマナー違反?スマホの利用について考える

電車の中でスマホを使うとき、マナーを守って使用していますか?通話に関わらず、スマホ捜査に関しても守る...

再婚した時に前妻との子供との気になる面会事情とは!

再婚した相手がバツイチで子持ちの場合、今後も子供との面会をするのか気になるところ! 全く会わない方...

楽じゃない!主婦がこなす家事の内容は盛りだくさんです

主婦は自由な時間が沢山あって楽そう!・・・なんて思っている方はいませんか? 主婦にも、やらなく...

スポンサーリンク

知ってた?ハンバーグを冷凍する時には焼いてからがおすすめ

ハンバーグを冷凍する時に、タネのまま冷凍する方が良いと思っていましたが実は「焼いてから冷凍保存」する方が良いと言われているのを知っていますか?

その理由は雑菌が入りにくくなり、焼いてから保存する方が旨味が凝縮され美味しさが変わりにくいと言われているのです。

なので基本的には焼いたものを冷蔵または冷凍保存することが、おすすめな理由になっているのです。しかし私はやっぱりタネのまま冷凍したいという方には、いくつかのポイントがありますのでご紹介します。

ひき肉は比較的傷みやすいので、なるべく低温でこね氷水の入ったボウルを用意しその上にボールを重ねましょう。そして素手ではなく薄手の手袋などや手の上を覆うビニール袋をして雑菌が入らないようにこねるように工夫をしましょう。

そうすることで、タネのままハンバーグを冷凍しても傷みにくく雑菌も防ぐことができるでしょう。

焼いてからハンバーグを冷凍する方法や賞味期限の目安は?

まずハンバーグは食べる時と同じようにフライパンで焼きます。そのあと粗熱を取り、1個ずつラップに包み金属トレイの上に置き冷凍します。

凍ったかどうかを確認し、フリーザーバッグに入れて再び冷凍します。

ひき肉の冷凍が一般的には賞味期限の目安は1ヶ月程度になってますので、焼いたハンバーグの賞味期限も同じと考えましょう。

また焼いていないハンバーグの賞味期限は、2週間程度です。こねている分傷み安くなっているので早めに食べるようにしてください。

焼いてからハンバーグを冷凍するデメリットをあげるとすれば、肉汁が出やすくなることもあり焼き立てではないため、味が落ちてしまうこともあります。

焼いてから冷凍したハンバーグを美味しく食べるオススメな方法

焼いたハンバーグを冷凍し、再度食べる時にはどんな方法だと美味しく食べることが出来るのでしょうか?

それは水分を出さないようにすることがコツなんです。そのためには急いで解凍はせずに半日くらいは冷蔵庫に移してじっくり時間をかけて、ゆっくり解凍してください。

電子レンジでチンするほうが簡単に食べれますが、半解凍の状態でフライパンで温めるか、またはジッパー付きポリ袋に入れてお湯で温めるようにするとパサパサにならずに、美味しく食べることができますよ。

フライパンで焼く時には肉汁にケチャップとソース、砂糖少々を加えてソースを作るとさらに美味しく食べる事ができますよ。

冷凍する際に煮込みハンバーグにしてソースごと冷凍しておくと、解凍してもパサパサになりにくいしソースと一緒に温めると、作った時と同く美味しく食べる事ができます♪

注意してほしいことは電子レンジでチンするのが簡単な方法ですが、加熱しすぎて肉が縮んでしまったりして、固くなって食べられなくなることもあるので、手間がかかっても上記の方法で食べることをオススメします。

ハンバーグソースを冷凍するなら氷を作る製氷機が大活躍!

ハンバーグを作って冷凍する際にソースも冷凍しておくと、食べる時にとても便利です。容器にラップを敷きソースを入れ凍らせます。

固まったあとはジッパー付きポリ袋にいれて保存しておきましょう。作ったキューブ一つの重さをあらかじめ計っておけば、ハンバーグ以外の物の調理にも使うことができます。

ハンバーグソースは他の料理に使うのであれば、ひと手間加えてピザソースや、ラザニアなどに使ってみてはいかがでしょう。さらにレパートリーも増えて一石二鳥です!

もし氷を作る容器を使いたくない場合は、卵の空パックでも代用することができます。今は激安ショップなどにいろんな容器がありますから、ご自分に合ったものを使うのも良いですね。

フリーザーバックの中に焼いたハンバーグとハンバーグソースも入れてお湯の中で解凍し一緒に温めれば、美味しく食べる事ができますよ♪

ハンバーグのカロリーが気になる時にはこんな方法でヘルシーに。

いつ食べても美味しいハンバーグはおかずの中でも定番中の定番ですが、カロリーが高いのが気になると言う方も、多いのではないでしょうか?

作り方や材料の分量などにもよりますが、おおよそ100gで230kcalくらいだと言われています。特にお店で食べるハンバーグは、旨みやジューシーさを出す為に牛脂など油を多く使うこともあり、予想以上にカロリーが高いと言ったこともあります。

ですが、家で作る時には作り方を少し工夫するだけで、コントロールすることができます。肉の分量を抑えておからや豆腐を混ぜあわせて、かさ増しをすることで1個あたりのカロリーはぐっと減ります。

味もさほど変わることもなく、美味しくヘルシーにカロリーを気にせずに食べることができます。ハンバーグは焼くよりも煮こむほうがカロリーは落ちると言われていますので、是非参考にしてみてください。

 - 生活と文化