調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

目から鱗!ハンバーグを冷凍する時には焼いてからが◎

2017.9.23

ハンバーグのタネがあまり、冷凍する時にはどんな方法で冷凍していますか?

実は焼いてからの方がオススメなのを知っていますか?

ここでは冷凍ハンバーグの美味しい食べ方や、保存期間についてまとめ調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

引き出物で食器はいらないんですけど。みんなの意見

結婚式に出席すると、必ずついてくる引き出物。 引き出物で食器というパターンは多いですね。 多...

野菜を食べないと身体はどうなるの?野菜が体に与える影響

健康や美容に必須の野菜。でも、好き嫌いが多い人の中には野菜をあまり食べないという人も多いですよね。 ...

30代主婦の友達作り・・・必要なことを教えます!

30代の主婦ともなるとなかなか友達と会う時間もなく、どんどん疎遠になっていくと言われています。 ...

うさぎの目が白いときは白内障の可能性が!早めに病院へ!

うさぎの目は赤いもの……というイメージがありますが、体の色が黒や茶色のうさぎは目が赤くないのです。 ...

お金に執着する心理って?お金を基準に生活するのってさみしい…

お金は大切。でも執着し過ぎてしまっては、得られないものの方が多くなってしまうのかもしれません。 お...

電話やメールに苦手意識を抱いている人とのコミュニケーション

電話が苦手、メールが苦手、どちらも苦手・・・色々な人がいます。 なぜ、電話やメールに苦手意...

猫が安心して出産できる年齢は5歳くらい。それ以降はリスク高

猫は生後半年ほどで出産できるようになります。では、何歳くらいまで出産できるのでしょうか。 年齢...

女性の一人暮らしの部屋で男性は思う事とはコレ!

女性の一人暮らしの部屋・・・男性はこんな事を見ていますよ! 「いいな~」と思う部屋はほどよい生...

スズメバチは早めに駆除しよう!ペットボトルで簡単罠を作る

恐ろしいスズメバチ。その駆除にペットボトルを使った罠が有効です。 大きな巣を作られる前に過程に...

夏の朝の爽快シャワー!効果的に浴びる方法

朝はシャワーを浴びて目を覚ますという人も多いでしょう。特に汗をかきやすい夏は爽快ですよね。 で...

人間の心理や習性を理解してコミュニケーションを図ろう!

人間の心理とは奥が深いものです。そして習性というものも計り知れないものです。 コミュニケーショ...

一人暮らしの方必見!野菜を食べて健康を考えながら節約する方法

一人暮らしの方は外食が多くなりがちです。野菜をとる機会が少なくなる場合も・・・。 節約をしたい...

香典を遠方の方に送る時の、送り方マナーの注意点とポイント

香典は遠方で葬儀に参列できない時、郵送しても大丈夫?送り方のマナーの注意点はどんなこと? 香典...

夢や目標がないと悩んでいるあなたへ…探すヒントがありますよ!

夢や目標がないとお悩みのあなた。失敗や挫折を怖れているからですか? そんな人は周囲に合わせて自...

楽じゃない!主婦がこなす家事の内容は盛りだくさんです

主婦は自由な時間が沢山あって楽そう!・・・なんて思っている方はいませんか? 主婦にも、やらなく...

スポンサーリンク

知ってた?ハンバーグを冷凍する時には焼いてからがおすすめ

ハンバーグを冷凍する時に、タネのまま冷凍する方が良いと思っていましたが実は「焼いてから冷凍保存」する方が良いと言われているのを知っていますか?

その理由は雑菌が入りにくくなり、焼いてから保存する方が旨味が凝縮され美味しさが変わりにくいと言われているのです。

なので基本的には焼いたものを冷蔵または冷凍保存することが、おすすめな理由になっているのです。しかし私はやっぱりタネのまま冷凍したいという方には、いくつかのポイントがありますのでご紹介します。

ひき肉は比較的傷みやすいので、なるべく低温でこね氷水の入ったボウルを用意しその上にボールを重ねましょう。そして素手ではなく薄手の手袋などや手の上を覆うビニール袋をして雑菌が入らないようにこねるように工夫をしましょう。

そうすることで、タネのままハンバーグを冷凍しても傷みにくく雑菌も防ぐことができるでしょう。

焼いてからハンバーグを冷凍する方法や賞味期限の目安は?

まずハンバーグは食べる時と同じようにフライパンで焼きます。そのあと粗熱を取り、1個ずつラップに包み金属トレイの上に置き冷凍します。

凍ったかどうかを確認し、フリーザーバッグに入れて再び冷凍します。

ひき肉の冷凍が一般的には賞味期限の目安は1ヶ月程度になってますので、焼いたハンバーグの賞味期限も同じと考えましょう。

また焼いていないハンバーグの賞味期限は、2週間程度です。こねている分傷み安くなっているので早めに食べるようにしてください。

焼いてからハンバーグを冷凍するデメリットをあげるとすれば、肉汁が出やすくなることもあり焼き立てではないため、味が落ちてしまうこともあります。

焼いてから冷凍したハンバーグを美味しく食べるオススメな方法

焼いたハンバーグを冷凍し、再度食べる時にはどんな方法だと美味しく食べることが出来るのでしょうか?

それは水分を出さないようにすることがコツなんです。そのためには急いで解凍はせずに半日くらいは冷蔵庫に移してじっくり時間をかけて、ゆっくり解凍してください。

電子レンジでチンするほうが簡単に食べれますが、半解凍の状態でフライパンで温めるか、またはジッパー付きポリ袋に入れてお湯で温めるようにするとパサパサにならずに、美味しく食べることができますよ。

フライパンで焼く時には肉汁にケチャップとソース、砂糖少々を加えてソースを作るとさらに美味しく食べる事ができますよ。

冷凍する際に煮込みハンバーグにしてソースごと冷凍しておくと、解凍してもパサパサになりにくいしソースと一緒に温めると、作った時と同く美味しく食べる事ができます♪

注意してほしいことは電子レンジでチンするのが簡単な方法ですが、加熱しすぎて肉が縮んでしまったりして、固くなって食べられなくなることもあるので、手間がかかっても上記の方法で食べることをオススメします。

ハンバーグソースを冷凍するなら氷を作る製氷機が大活躍!

ハンバーグを作って冷凍する際にソースも冷凍しておくと、食べる時にとても便利です。容器にラップを敷きソースを入れ凍らせます。

固まったあとはジッパー付きポリ袋にいれて保存しておきましょう。作ったキューブ一つの重さをあらかじめ計っておけば、ハンバーグ以外の物の調理にも使うことができます。

ハンバーグソースは他の料理に使うのであれば、ひと手間加えてピザソースや、ラザニアなどに使ってみてはいかがでしょう。さらにレパートリーも増えて一石二鳥です!

もし氷を作る容器を使いたくない場合は、卵の空パックでも代用することができます。今は激安ショップなどにいろんな容器がありますから、ご自分に合ったものを使うのも良いですね。

フリーザーバックの中に焼いたハンバーグとハンバーグソースも入れてお湯の中で解凍し一緒に温めれば、美味しく食べる事ができますよ♪

ハンバーグのカロリーが気になる時にはこんな方法でヘルシーに。

いつ食べても美味しいハンバーグはおかずの中でも定番中の定番ですが、カロリーが高いのが気になると言う方も、多いのではないでしょうか?

作り方や材料の分量などにもよりますが、おおよそ100gで230kcalくらいだと言われています。特にお店で食べるハンバーグは、旨みやジューシーさを出す為に牛脂など油を多く使うこともあり、予想以上にカロリーが高いと言ったこともあります。

ですが、家で作る時には作り方を少し工夫するだけで、コントロールすることができます。肉の分量を抑えておからや豆腐を混ぜあわせて、かさ増しをすることで1個あたりのカロリーはぐっと減ります。

味もさほど変わることもなく、美味しくヘルシーにカロリーを気にせずに食べることができます。ハンバーグは焼くよりも煮こむほうがカロリーは落ちると言われていますので、是非参考にしてみてください。

 - 生活と文化