調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

目の充血はコンタクトが原因?気になる原因と対処方法について

2017.9.8

コンタクトをつけると目が充血してしまう・・・。こんなときはどうしたらいいのでしょうか?

考えられる原因とは?もしかしたら、そのコンタクト合っていないのかもしれませんよ。

ドライアイの予防にはどんな方法がある?気になる原因と対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

手や足が常に冷たい女性必見!冷えとサヨナラできる○個の方法!

夏場でも手や足が冷たい…。と悩んでいる女性はたくさんいますよね! その冷え、甘く見てはいけない...

自転車と徒歩はどちらが痩せる!?ダイエット効果の違いとは

ダイエットをしようと思ったときに、すぐに誰でもはじめやすい自転車と徒歩(ウォーキング)ではどんなダイ...

風邪の時に飛行機に乗ると耳抜きができない!?対処方法について

飛行機に乗ると、耳が痛くなることがありますよね。しかし、すぐに痛みがひく人と続く人がいると思います。...

声は変えることができる?手術にはリスクがつきものです

自分の声が気に入らなくて、変えることができないか悩むことってありますか? 中には、手術してまで...

インフルエンザなのに会社に出勤したら後からばれる?そのときの反応とは

「インフルエンザ」の重症化を防ぐためには、予防接種受けておくのが効果的のようです。 では、もし...

お腹の脂肪はマッサージでスッキリ!美ボディになろう!

ダイエットをしよう!と思って一生懸命運動をしても、なかなか落ちないのが「お腹の脂肪」です。 ポ...

朝夜の頭痛!時間帯別で頭痛が起こるのは頭痛の○○が違う!

朝起きると頭痛する人や夜になると頭痛がする人。どうして時間別で頭痛が起きるのか謎ですよね! た...

人生は長いか短いか。長ければいいというわけではないはず

人生80年と考えると、長いと感じますか?それとも短いと感じますか? 残りの人生はあと何年あるで...

虫歯を放置すると大変!虫歯になりやすい奥歯は特に注意です

歯が痛くても忙しくてなかなか歯医者に行けず、虫歯を放置してしまう人もいることでしょう。 しか...

会話ができない病気や会話が苦手など会話についてご紹介します!

人と話しているときにすんなり言葉が出てこなかったり、話が進まなかったりなんてことありますよね。 ...

親から子供の性格は遺伝すると言われるのは本当なのか?

子供の性格というのは、どのようにして形成されていくのでしょうか? それは親の遺伝なのでしょう...

豆乳や納豆の栄養とは?それぞれの栄養や特徴について

豆乳や納豆の栄養にはどんなものが含まれているのでしょうか? 同じ大豆製品だけれども、違いはある...

レトルトカレーに栄養はあるの!?栄養価とちょい足しレシピ

多くの家庭に常備してあるレトルトカレー。時間がない時や冷蔵庫に食材がない時など助かりますよね。 ...

腕立てしても筋肉がつかないのはなぜ!?筋トレや食事を見直そう

筋肉質な二の腕に憧れて、筋トレにチャレンジしようと思っている方がいらっしゃいますよね。 ぷよぷ...

缶詰のフルーツでビタミンチャージ!手軽に楽しむ方法

風邪を引いたときなどにフルーツの缶詰を食べると途端に元気になったりしませんか? フルーツの缶詰...

スポンサーリンク

コンタクトで目が充血・・・どんな原因が考えられる?

目が充血してしまう原因にはさまざまなことが考えられますが、コンタクトをしている場合はどんな原因があるのでしょうか?

よく起きてしまう目の充血の原因はコンタクトレンズが汚れているせいかもしれません。きちんとコンタクトレンズの洗浄ができていない場合、目に負担をかけてしまいます。

コンタクトレンズはきちんと洗浄し、洗う時やつけるときには手や指をよく洗い、コンタクトに汚れをつけないようにしましょう。使い捨ての場合は、使用期間を守ることも大切です。

また、コンタクトレンズの経年変化による劣化や変形にも気をつけましょう。コンタクトを長期間使っていると、徐々に機能が低下していきます。

眼鏡に細かい傷がつくように、毎日コンタクトレンズを使っているのであれば劣化します。定期的に眼科を受診することで予防できますね。

コンタクトレンズを長期間使用していて、変形してしまう可能性もあります。目のカーブと合わなくなってしまうこともあるので違和感を感じたら眼科に行きましょう。

コンタクトのせい?目の充血はドライアイかも!?

コンタクトの表面が乾いてしまうとドライアイの原因となることがあります。コンタクトレンズをしていなくとも、エアコンの送風による部屋の乾燥、スマホやパソコンで長時間画面を見続ける、まばたきが少ないなどドライアイになる原因はひとつではありません。

目薬や眼鏡を併用するなどして、目を休ませてあげることが大切です。コンタクトレンズの汚れが目によくないのはもちろんですが、こすり洗いをしたり、交換期限が過ぎたレンズを使う、レンズをつけたまま眠ってしまうことでも目の病気になり、充血の症状が出てしまうことがあります。

コンタクトレンズの汚れから、目を傷つけてしまい失明してしまうこともあるそうです。

失明まではいかなくとも、角膜の表面に小さな傷がつく点状表層角膜症や角膜浸潤、上まぶたの裏側にブツブツができる巨大乳頭結膜炎、細菌やカビによる感染で目の痛みや充血などを起こす角膜感染症などの病気があります。日頃のコンタクトのケアや目のケアが重要となります。

正しくコンタクトを使い、目のケアをして充血を予防しよう!

ドライアイの症状は少し目がしょぼしょぼするくらいであれば、目薬をしたり眠ることで放っておく人が多いのではないでしょうか?

軽い症状であれば、気にならないかもしれませんがひどくなる前に手を打っておきたいものです。

ドライアイは涙の量が減り、目の表面が傷ついてしまう病気です。男性よりも女性がなりやすいようですが、今はスマホやパソコンで長時間画面を見続ける人が多いので現代病のひとつかもしれませんね。

ドライアイの人は、涙点から鼻の奥へ涙が排出される機能が低下してしまうことが原因だそうです。

空気の乾燥やコンタクトレンズをつけることがドライアイの原因と言われていますが年齢とともに涙の分泌が少なくなるので目薬や加湿器などを使うことによって予防できるでしょう。

また、意識的にまばたきをしたりブルーライトを極力カットすることも有効です。

ドライアイの予防効果になる成分も取り入れたいですね。ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、ホウレンソウなどに含まれているルテインはダメージから目を守ってくれます。

コンタクトレンズのケアはしっかりと!

コンタクトレンズのケアは種類によって変わってきます。コンタクトを初めてつけたときはきちんとしたケアをしていても、慣れてくるとしなくてはいけないことができていなかったり間違えて覚えてしまっていることがあるかもしれません。

コンタクトレンズをしていてる人の9割の感染・非感染による充血は扱い方や使用方法をきちんとしていれば防ぐことができるそうです。

ハードコンタクトレンズであれば、こすり洗いとつけおき洗浄が必要です。こすり洗いを十分にしないと、ほとんど洗浄効果はないそうです。ソフトコンタクトレンズは洗浄と消毒が必要となります。

コンタクトレンズのケアはもちろんのこと、爪を切ったり、しっかり手や手先を十分に洗うことが大切です。保存するケースも洗浄や交換をして清潔を保つようにしましょう。

ついつい、してしまうコンタクトの装用時間オーバー。角膜が酸素不足となり、角膜上皮がむくみを起こしてしまいます。ひどい場合は上皮がはがれたり感染を起こす原因となります。

コンタクトレンズの材質やデザインなど、目に負担がかからないものを選ぶことも大切です。使い捨てのコンタクトレンズの使用期間を勝手に伸ばすのはやめましょう。

ドライアイや疲れ目に効く運動や方法とは?

目の疲れに効くのが、温めてあげることです。水で濡らしたタオルを電子レンジなどで温めて蒸しタオルを作り目の上に乗せるだけで血行が良くなり疲れ目を解消することができます。

充血しているときや炎症があるときは控えてください。充血しているときは冷やすと効果的ですよ。

目の運動をすることでも疲れ目を改善できます。まぶたをギュッと閉じてパッと大きく開く動作を数回繰り返し、目をゆっくりと上下左右に動かしてみてください。ゆっくりと円を描くように右回りに1回転、左回りに1回転、両目を回すと目のまわりの筋肉をほぐすことができますよ。

目のまわりをマッサージするのもいいでしょう。眼球を押さえつけるのではなく、目のまわりの骨部分を気持ち良いと感じる強さで押してください。皮膚をこすらないようにしましょう。また、こめかみのマッサージも有効です。

 - 健康と医学