調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

仕事の能力に差が出るのはどうして?ポイントはやり方

2017.11.14

仕事の能力の差が出てしまうのには、どんな理由があるのでしょうか?

そもそも、仕事はどう覚えたらいいの?どうやって学ぶものなの?

ポイントとなるのは、〇〇を聞き入れる事や〇〇をみつける事のようです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

会社を早退する理由はどんな理由が無難?迷惑をかけない方法

どうしても会社を早退しなければならない時、正当な理由できちんと会社に伝えてますか? 早退するための...

会社の飲み会が苦痛です。対処法をお教えします!

会社の飲み会って参加しないとダメですか?会社の飲み会は苦痛以外の何物でもありません! どうして...

銀行員の女性の性格は?銀行員の共通している性格をご紹介!

銀行員って聞くととても大変な職業なイメージがありませんか? そして、銀行員はまじめで堅い印象が...

仕事でいつも残業するのが辛い・・・コレを実践してみて!

「仕事で毎日遅くまでの残業。とても辛い!」こう思っている人はたくさんいると思います。 そして残...

電話を切る順番はどっちから?正し電話のマナーをご紹介

電話はかけた方から切る?かかってきた方から切る? 電話を切る順番で迷ったことがある方も多いので...

職場の同僚がうつ病になってしまった時の接し方

うつ病になる方が年々増加しています。職場の同僚がうつ病になったという方も多いのではないでしょうか。 ...

バイトの先輩に嫌われるのはどうして?仲良くなるためには

もしかして、バイトの先輩に嫌われているのではと気になっているあなた。 では、どうしてバイトの先...

40代専業主婦が資格取得を目指すなら?諦めるのはまだ早い!

子育てもひと段落する40代。ずっと専業主婦でいてそろそろ何か資格を取って仕事でも・・・と考える人も多...

介護の仕事の内容はどうなってる?詳しく解説します!

現在仕事の求人が多いといえば「介護に関する仕事」なのではないでしょうか? では、介護の仕事って...

コンビニバイトのやり方とは?ポイントをご紹介します!

初めてのコンビニバイトとなると、仕事内容ややり方が気になるところですよね。 実はコンビニバ...

会社をクビになるのと自己都合。それぞれのデメリットとは

会社を辞める場合、自己都合退職と会社都合退職があります。後者はいわゆる「クビ」のこと。 今後、...

仕事の電話で「もしもし」がマナー違反である理由とは

普段電話を掛ける際や出る際、冒頭で「もしもし」というのはとても一般的ですよね。 しかしこの言葉...

休日にかかる仕事の電話はどう対処する?携帯電話利用のコツ

職業によっては、休日でも仕事関係者や顧客からの連絡が携帯電話に入ることがあると思います。 休日...

仕事で電話対応する時にミスしない為の初歩的マニュアル!

仕事内容の一つの電話対応。慣れるまで緊張してしまう人もいると思います。 やってと言われても...

転職希望者必見!?工場での仕事は楽しい!その魅力について

工場での仕事って平凡で退屈そう・・・。そう思っていませんか?実はとっても楽しい!そう話す方、少なくな...

スポンサーリンク

できる人・できない人の違いは仕事に能力に差があるから?

仕事ができる人とできない人にはどんな違いがあるのでしょうか?仕事ができる人は、与えられた仕事をこなすのではなくそれにプラスしてやっているのです。仕事への意欲、積極的な態度はもちろんのこと、仕事のスピードが速い、丁寧などとなります。

仕事ができる人は、相手が考えることを先読みしていると言えます。

例えば、新しい企画を説明するときに質問されてから答えるのではなく質問されるであろうことを考え、用意しておくのです。

疑問に対して、すぐに答えることはもちろん準備もしてあれば聞いているほうは安心できますよね。疑問がすべて解決されるような資料を用意することで新しい企画も通りやすくなります。

質問や疑問に対して、その場で答えられないことや調べるのに時間がかかるのはマイナスポイントとなります。できるだけ、どんなことを聞かれるかや説明不足な場所、わかりにくい場所はないかを徹底することが大切となります。

仕事の能力に差が出るのはやり方や身につけ方

仕事のできる人は、勉強もできる人が多いです。それは、勉強の自分自身のやり方を知っているからです。もちろん、勉強ができるけれど仕事はできない人もいますがそのような人は、仕事のやり方がわからない、もしくはわかっていないのでしょう。

勉強の習慣ややり方を知っている人は、仕事にもその習慣ややり方を応用できます。勉強に限らず、スポーツも似たようなことが言えます。

勉強で、できないところやわからないところがあった場合はまず調べると思います。どんなことなのか理解し、間違った場所を何回も繰り返し練習したり覚えようとします。仕事の場合は、勉強のように繰り返しはできないことが多いでしょう。一回のミスが失敗となる可能性もあります。

なぜなら、相手がいるからです。相手がいる仕事に対して、間違えるのは失礼なことになります。間違えないように、調べ理解しさらにその先を考えることができる人は仕事もできる人なのではないでしょうか?

仕事の能力に差が出るのは素直に意見を聞き入れられるかどうか

仕事の能力が高い人は、素直に人の意見を聞き入れます。聞き入れる人には、また、いい情報が入ってきます。また、いい方法や効率のいいことをどんどん取り入れます。成功したことを探すのも見つけるのも上手いと言えるでしょう。

仕事の内容に対して知識を持っている人も、能力が高いと言えます。仕事を理解していることはもちろん、相手からどのように見えているか客観的に考えることができます。一方からの判断では、どうしても裏は見ることができません。

仕事の能力に差が出るのは、時間やその中身も関係しています。どうしても、時間のかけたものや丁寧なもののほうがいいというイメージがありますがそんなことはありません。仕事に対しては100点ではなくてもいい場合があります。

自分に自信がない、仕事内容に自信がない場合は時間をかけて直そうとしてしまいますが時間をかけたからといっていいものとは限りません。人の意見を聞いたほうがいいものになるかもしれません。早くにできたほうが相手は喜ぶかもしれません。仕事ができる人はその判断するところがわかっていたり判断が早いと言えるでしょう。

仕事の能力を身につけるにはどうなりたいか書いてみよう!

仕事の能力を身に着けたいとただ漠然に考えても、なかなか身にはつかないでしょう。何か資格が必要であったり覚えなくてはいけないことが明確であればそれをすればいいように、目標を明確にすることが大切です。

仕事で困っていることや時間のかかってしまうことなどを書き出してみましょう。どうしたら、時間をかけずにできるのかや何を知っていると仕事に役立つのかがわかってくるかと思います。

今ある仕事の不安や不満を書いてみましょう。書きだすことで、自分のすべきことが浮き出てきます。また、何を不安に思っているのかを知ることができます。人は、何かわからないものが怖いのだそうです。仕事に対してもわからないことがもしかしたら効率を下げてしまう不安材料であるのかもしれません。

とくにない人は、仕事のできるなりたい人を真似てみるといいでしょう。仕事がとにかく早い人、丁寧な人など自分がいいなと思える人はどのように仕事をしているのか聞いてみたり見てみるといいかもしれません。

仕事の能力不足を感じているときこそ、成長の一歩!

仕事の能力不足を感じているのは、ノルマが達成できないからですか?それとも同期の人と比べてですか?

相手がいる仕事では、他の人との連携も必要となってきます。一方的に自分だけが悪いと決めつけるのはやめましょう。ある程度割り切ることで、能力不足と感じる気持ちを軽くできるでしょう。

自分以外のすべての人ができているのであれば、もしかしたらあなたにその仕事は向いていないのかもしれません。人には適材適所があります。向き不向き、得意や不得意はあるものです。能力の発揮できる場所を探すのもひとつの方法です。

また、仕事のやり方は会社によって違います。細かく仕事が細分化されているほうが合っている人もいれば細分化されず広い範囲を自分でこなすほうが合っている人もいます。

能力不足と考えれば考えるほど、能力は出せなくなってしまうでしょう。そこから抜け出すことも考えてみてください。一歩引いて、見る事はできますか?

 - ビジネスと経済