調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

小学校のテストの点数と成績の関係について

2017.11.14

小学校のテストって低学年の頃には100点が取りやすいものですが、高学年になるにつれてなかなか取れなくなってきます。

しっかり勉強をしていればその分点数に現れますし、勉強をしなかったらその分テストの点数が悪くなります。

このような小学生のテストはどのように考えればいいのかについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

幼稚園の行事が多すぎ!と感じているのは私だけじゃない!

運動会・発表会・参観日ならまだしも収穫祭・清掃活動・プールの手伝いなどなど幼稚園の行事は本当にたくさ...

面接で高校から進路について聞かれたらこうしましょう!

高校の面接ではどんな事を聞かれるのでしょう?進路のこと?どんなふうに答えたらいいの? 面接官は...

高校の部活が辛いなら辞めるべき?対処法とアドバイスをご紹介

中学のときの部活とはまったく違った!?高校の部活が辛い・・・。 こんなときはいったいどうしたら...

勉強にはどっち?鉛筆 or シャーペン?それぞれの意見とは

勉強で使うなら、鉛筆とシャーペンのどちらを選ぶべきなのでしょうか。 それぞれにメリット・デメリ...

小学校の勉強についていけないと感じた時が始める時です!

子供が小学校の勉強についていけないのでは?と感じている親は多いようです。 私もその中の一人です...

子供を怒ると自己嫌悪に・・・。原因と対処方法をご紹介

子供を怒ると自己嫌悪に陥ってしまう・・・。そんなママはアナタだけではありません。 いつも怒って...

産後の仕事復帰と保育園探しに苦労するママの就活事情

産後に仕事復帰をする際に問題になるのが保育園です。 地域によっては待機児童も多く、仕事が見つか...

保育園や幼稚園へは行かないで小学校入学を迎えることについて

保育園や幼稚園へは行かないで、小学校入学を迎える子育てを最近聞くようになりました。 親の教育方...

子供が嘘ばかりつくのは病気?平気で嘘をついてしまう原因

子供が常日頃から嘘ばかりつくと、何か病気なのではと心配にもなりますよね。 嘘をついてしまう病気...

高校でクラスになじめない・・・悩むあなたにアドバイス!

小・中学校までは友達もたくさんいて楽しく過ごせたのに、高校になってからクラスにどうしてもなじめない場...

英語が苦手な中学生のための勉強方法を徹底解説!

中学生になって英語を勉強し始めると、壁にぶつかってしまう生徒が多いといいます。 その理由は何な...

幼稚園のお友達がもしかしたら発達障害?症状と接し方について

幼稚園のお友達。 うちの子を叩いたり、付き飛ばしたりします。 言動や行動から見て、なんとなく発達...

幼稚園や保育園の行事は可能な限り仕事を休んでも行く価値アリ

幼稚園や保育園の行事は、子どもたちの成長を見られる貴重な場であると同時に、親同士の交流の場でもありま...

赤ちゃんのお腹のガス抜き方法についてご紹介します!

赤ちゃんがあまりミルクを飲まない時やお腹がパンパンに張っていたりするとお母さんは調子がおかしいのかと...

幼稚園のプールの準備!注意点などについてをご紹介します

幼稚園でプール遊びがあることもありますよね。水着やタオルなど色々と準備が必要になります。 水着...

スポンサーリンク

小学校のテストの点数は100点が当たり前?

小学生の子供が100点を取ってきたら問題ない、しっかり理解できていると思い安心する親も多いのではないでしょうか?

もちろん100点を取るのはすごいことです。しっかり子供を褒めてあげてください。学校で先生に教えてもらったことを理解し覚えているからこそ取れる点数なので、子供がしっかり努力した証です。

ですが、学校のテストは習ってすぐにテストがあります。1週間程度覚えていれば100点を取ることできます。なので、学校で習い理解し、家で宿題などをし復習すれば取れる物なのです。

このような努力は当たり前のように感じますが、この努力もできない子供が何割かいるのです。

自分の子どもはしっかりできているでしょうか?また100点を取っているからと言って優秀で今後も心配なく過ごせるとはかぎりません。

1週間程度で忘れてしまわないように努力が必要かもしれませんよ。

小学校のテストの点数は成績に関係する?

小学校のテストはどのくらい成績に関係してくるのでしょうか?

成績のつけ方には、◎、〇、△を使う場合が多いです。また、A、B、C とつける学校もあります。

そして、絶対評価という付け方と相対評価という付け方があります。

絶対評価は例えば、テストで90点以上の人は◎などという基準が決められていて、みんな90点を取ったらみんな◎となる付け方になります。

しかし、相対評価の場合は◎は全体の2割、〇が6割などと割り振りが決められている付け方になります。

ほとんどの小学校の場合は絶対評価で付けられています。なので、◎になる人の人数に制限はありません。

また小学校の成績の付け方にはパターンが合って、◎がとても良い、〇が良い、△が可で〇が一般的とされる場合と、◎が良い、〇が可、△が不可で◎が一般的として考えられている学校に分かれています。

だいたいの小学校で〇が一般的な考え方となっています。

小学校のテストの平均点数について

小学生の低学年の頃には100点を取れて当たり前と感じてしまいますが、高学年になってくるとそうはいきませn。

努力している子供としていない子供の差が出てくるものです。しかし、クラスでの平均がどのくらいかわからないので自分の子供は大丈夫なのかわからないものですよね。

そんな心配をしていたあるお母さんのお話をご紹介します。

私には小学5年生の子供がいます。低学年のころには100点のテストを持って帰ってきていたのですが、最近では100点を取ってくることはなくなりました。

うちの子は出来ていないのか心配をしていた時に小学校の懇談会があり参加してきました。

そこで先生が学校での事を詳しく色々と話してくれました。そこで、テストの話にもなりクラスの平均点についても話してくれました。

今までのテストを通して平均は85点前後だったそうです。もちろん平均ですので、ずっと100点の子もいれば50点ほどの子もいるそうです。

クラスの平均は約85点という事なので、小学校5年生で80点以上取っていても平均でしかないという事を知ることが出来ました。

100点の子もいるという話だったのでうちの子供にももう少しの努力が必要なのかなっと思いました。

小学校 テスト 点数

できれば子どもに頭がよくなってほしいと思うのが親ではないでしょうか?

しかし、頭がよくなってほしいと勉強ばかりさせるのはよくありません。子どもはよく学んでよく遊ぶのが基本です。

そしてどっちを優先すべきかというとよく遊ぶ方です。反対によく学ぶだけに力を入れてしまうと子どもの学力は塾のテストなどという他の事に合わせて行ってしまい学校のテストが悪くなってしまう事があります。

成績をよくするための勉強は受験勉強で、受験の直前いやるものです。しかし、頭がよくなるための勉強は毎日の自由な生活との両立の中で勉強し自習することなのです。

小学校の低学年の頃から勉強に力を入れて塾などのテストに力を入れていると高学年になったころなに勉強に対して興味がなくなってしまい、学力がどんどんと落ちていくこともあります。

子どもに勉強をさせる時には遊びの時間とのバランスがとても重要ですよ。

小学校の勉強をスムーズに進めるために環境は大切です!

子どもによく学んでほしいと思う場合は環境もとても重要です。

進級するときや進学するとき親は子供の成長を感じ嬉しいものですが、子供は環境の変化への対応が大変なことがあります。

環境の変化にうまくついていけなくなるとストレスを抱えいろいろなところに影響があることがあります。

また、転勤などで転校したり、仲の良い友達が転校したりして別れる時などとても辛い思いをします。

このように子供もいろいろな環境の変化に対応するときにストレスを感じたりするものです。

大人にとってはそんなことって思うようなことでも子供はとても辛いことがあります。軽く考えないようにしてくださいね!

このような環境の変化があるときにはしっかり子供に寄り添って向き合っていきましょう。

 - 学校と教育