調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

男性が仕事でプレッシャーを感じている時の対処法や掛ける言葉

2017.11.19

男性が仕事でプレッシャーを感じるシーンは数多く、常にストレスを感じている人も多いでしょう。

プレッシャーを感じるると眠れなくなったりするのはどうしてなのでしょうか?

男性が仕事でプレッシャーを感じる時の乗り切り方やストレスフルな男性を支える女性がどんな言葉をかければいいのかまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

職場の同僚がうつ病になってしまった時の接し方

うつ病になる方が年々増加しています。職場の同僚がうつ病になったという方も多いのではないでしょうか。 ...

仕事で真面目すぎると損しかしない!?その理由と対策とは

仕事に対して真面目な姿勢でいるのは大変素晴らしいことですよね。 ですが真面目過ぎるが故、あらゆ...

銀行のパートは大変?業務内容や注意点をアドバイス!

昔銀行で働いていた方がパートを考えた場合、もう一度銀行で働こうかと考えますよね。実際銀行のパート募集...

電話を切る順番はどっちから?正し電話のマナーをご紹介

電話はかけた方から切る?かかってきた方から切る? 電話を切る順番で迷ったことがある方も多いので...

産休明けに仕事に復帰して無理なく働くことは出来る?先輩の声

産休明けに仕事に復帰して無理なくやっていけるのか、不安に思っている人は多いでしょう。 理解のあ...

バイトを風邪で欠勤したい・・・休み連絡をする際のポイント

風邪を引いてバイトを休む際は、必ず連絡を入れなくてはいけません。 メールはもちろんNG!休み連...

上司にバレンタインチョコを渡す時に迷惑にならない方法をご紹介します!

いつもお世話になっている上司や仲間に、感謝の気持ちを込めてバレンタインチョコを渡すのは素敵なことだと...

職場で挨拶を無視!そんな時の対処方法をご紹介

職場で挨拶さえも無視される!?そんな場面に遭遇したことありますか? そもそも無視をする人ってど...

職場でプライベートを聞かれることにウンザリしています…

職場でプライベートなことを聞かれるのって気持ちが良い事ではありませんよね。 しかもそれが、セク...

仕事を半年で慣れないからといって辞めるのは待って!

新卒で入社し半年が過ぎたころ、仕事がどうしても慣れないという理由で退職してしまう方もいます。 ...

産後の仕事復帰におすすめな資格についてご紹介します!

産後に仕事に復帰したいと思う女性は多いのではないでしょうか? ですが、産後は思うように働けない...

職場の人間関係お悩みのあなた!少人数の職場で良くする方法とは

あなたと同じように職場の人間関係について悩む方は、大変多いようです。 少人数の職場の場合は、特...

介護の仕事はつらい・・・辞めたくなる理由とは!

介護の仕事はとてもつらいと聞いた事がありせんか? どんな事がつらいの?辞めたいと思うのはどんな...

会社を早退する理由はどんな理由が無難?迷惑をかけない方法

どうしても会社を早退しなければならない時、正当な理由できちんと会社に伝えてますか? 早退するための...

職場の同僚と、プライベートで付き合わないようにする方法とは

職場の同僚と、プライベートまでは付き合いたいと思わないという人も多いのではないでしょうか? し...

スポンサーリンク

男性が仕事でプレッシャーを感じると眠れなくなるのは何故?

「明日は大切な会議があるから今日は早く寝よう」そう思って布団に入っても、どんどん目が冴えて一向に眠れなくなる時はありませんか?

今はとりあえず早く寝たいのに、頭に思い浮かぶのは明日の会議や上司の嫌味な言葉や表情など・・・考えれば考える程どんどん不安になってきてしまいます。

眠ろうと思っているのに、仕事の事でプレッシャーを感じているため眠れなくなってしまいます。眠る時はリラックスしなければいけませんが、真面目な人ほど「眠ろう」と頑張ろうとしますが、頑張っている時点でリラックスできていません。

眠らないといけないと思うと目が冴える原因は自律神経の仕組みが関係しています。自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、交感神経というのは緊張や興奮時に働く神経です。交感神経が働き始めることでアドレナリンが分泌されて心拍数や血圧が上がります。

副交感神経はリラックスしている時に働きます。心拍数や血圧が下がり、穏やかな気持ちになっていきます。

眠らないといけないと思うと、交感神経のスイッチが入りやすくなり、緊張や興奮モードになってしまいます。眠れない時間が続くと、何度も眠らなきゃいけないと考えますが、そのたびに交感神経のスイッチがはいってしまうのです。

「あ、ちょっと眠くなってきたかも。これなら眠れそうだ」と思ったらまた目が冴えてきた経験はありませんか?それがまさに、スイッチをオンした瞬間です。

眠る時だけでなく、交感神経のスイッチを入れてしまって交感神経ばかり活発な人が増えているそうです。

男性が仕事でプレッシャーを感じた時の乗り切り方

・暇な時間を作らない

プレッシャーを感じている時に空き時間があると、色々と考えて余計に不安になったり、ネガティブになってしまいます。
そのため、あえて忙しく作業に没頭して余計な事を考えないようにしましょう。

・自分の努力や頑張りを認める

今までの努力や頑張り、些細な事でも成果を思い返して、自分を認めてあげましょう。自分の今までの行いの中に成功した事や頑張ってきたことがあるはずです。それを思い出していけば、自信が付いて行くはずです。

・失敗した時の対処法を考えておく

ネガティブな事を考えるのはあまり良いことではないですが、失敗した時の対処方法やプランBを考えておくのも大切な事です。

例えば、「会議でこの企画がいまいちそうだったら、こっちの企画も紹介しよう」など、自分で対処方法やプランBを作っておけば、失敗した時の逃げ道があることで安心感を得られるはずです。

男性が仕事でプレッシャーを感じ続けているなら働き方を考えよう

仕事で毎日プレッシャーを感じてストレスフルの男性も多いでしょう。経済が安定しない今の日本では、会社の業績が厳しく社員へのプレッシャーも大きくなっています。

実際に、業務量が多かったり長時間残業を強いられたりすることもあり、そうなると仕事へのプレッシャーやストレスは大きくなる一方です。

居場所がなくなってしまう事もあるため、頑張り続けなければいけない状況になってしまっています。

しかし、頑張り続けるのも、プレッシャーもストレスも、限界があります。限界を超えてしまうと、心身ともに健康を害してしまう恐れがあります。

朝起きて会社が行くのが辛い。毎日会社を辞めたいという思っている。などの思いがある場合は、予兆かもしれません。

仕事が合っていない場合もありますし、会社が合わない可能性もあります。今は転職が珍しくない時代です。働き方を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

仕事に悩んでいる男性が彼女に言われて嬉しかった言葉

「絶対大丈夫!」「あなたなら出来る!」

・やる気になって目標に向かって励めた。
・自分を認めてくれる人がいると思うと少し安心する。
・少し前向きに考えられるようになって、頑張るようになった。

根拠のない励ましですが、いつもそばで見てくれている可能所から言われると、安心感がありポジティブな気持ちになれるようです。彼の事を信じているから出る言葉のため、彼に届きやすいのかもしれません。

「頑張り過ぎないことも大切だと思うよ」

・肩に力が入って視野が狭くなっていたことに気付いた。
・肩の力が抜けて、より頑張れるようになった。

真面目で頑張り過ぎてしまうタイプには、頑張り過ぎないでと言った方が効果があるようです。自分が頑張り過ぎていることに気付かせることで、リラックスするように促せる言葉でもあります。

いつも仕事に対して頑張っている男性は、仕事にストレスを感じがちです。周囲からの言葉でストレスから少しは解放されることもあるのではないでしょうか。

恋愛も上手くいくには仕事に自信を付けることが大切?

・男性は野心家

仕事に没頭している男性に対して「仕事と私、どっちが大切なの?」と女性が聞く・・・よく聞く言葉ですが、男性の気持ちが離れてしまう可能性の高い言葉です。

勿論、彼女の事も大切ですが、夢やロマン、野心を持っているのが男性です。出世は男性に自信を与え、野心を満たすことが出来るため、野心を認めてあげることも大切です。男性にとって彼女と仕事は全く別物なのです。

・仕事で自信を付けさせる

男性は周囲の評価で自分の価値を決めがちです。そのため、仕事で成功している人の方が自分に自信を持っています。

また、多くの男性は褒められる事に喜びを感じますが、これも自分に自信を与えてくれることに繋がります。褒められたいなんて子供のようですが、男性は他人から認めてもらいたい生き物なのです。

他人に認められて自信が付けば、彼女との将来も真剣に考えられるようになります。彼と結婚したい場合は、結婚をせがむよりも彼に自信を付けさせる方が先決かもしれません。

・応援してくれる人を大切にする

女性は結婚後はパートでも良いですが、一般的に男性は家族を養っていくために仕事に対して責任感や情熱が必要です。

会社や世間からのプレッシャーを感じやすいため、心休まる場を提供してくれる女性に安らぎを感じます。言葉少なくても自分を支えてくれる女性がいれば、男性は庇護欲を掻き立てられ、結婚を意識するのです。

 - ビジネスと経済