調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

勉強にはどっち?鉛筆 or シャーペン?それぞれの意見とは

2017.8.22

勉強で使うなら、鉛筆とシャーペンのどちらを選ぶべきなのでしょうか。

それぞれにメリット・デメリットがあり、一概には言えないかもしれません。

シャーペン派と鉛筆派。まさかの○○派まで、勉強と筆記具の関係を考えてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

中学生の子供が勉強しないという悩みについてお答えします

中学生の子供が勉強しない・・・そんな事で悩んでいる親御さんはいませんか? 中学生が勉強しないの...

b型の子供の育て方のコツとb型パパ・ママの子育てについて

血液型占いが好きな日本人。子供の育て方にもそれぞれコツがあるのでしょうか? b型の人はよくわ...

小学校のテストの点数と成績の関係について

小学校のテストって低学年の頃には100点が取りやすいものですが、高学年になるにつれてなかなか取れなく...

小学校特別支援学級の支援員に必要とされることとは

小学校には特別支援学級がありますが、そこに所属する担任の他に、担任の補佐役になる支援員がいます。 ...

小学校の先生へ相談する時の注意点とポイントをご紹介します。

子供のことで心配ごとがある時、小学校の先生に相談をしたい時はどのような方法が良いのか? と悩む...

学校を欠席させる時の連絡はどうしてる?連絡マナーについて

子供が学校を休まなければならない時、どのように学校へ連絡をしていますか? また電話連絡の他に、...

小学校の教師が大変だという話をよく聞きます

学校の教師って大変な職業。とりわけ小学校の教師って本当に大変なんだそうです。 仕事量の多さに、...

英語が苦手な中学生のための勉強方法を徹底解説!

中学生になって英語を勉強し始めると、壁にぶつかってしまう生徒が多いといいます。 その理由は何な...

幼稚園の送迎を苦痛に感じている人に。対処法をご紹介します!

人見知りのママやパパにとっては、幼稚園の送迎が苦痛に感じてしまうかもしれません。 そんなママや...

子供のオムツが夜に濡れなくなるポイントと注意点をご紹介します

子供の昼間のオムツと夜のオムツは同時にはずれるもの? しかし夜のオムツが、なかなか外れないと悩...

離乳食の朝ごはんにはパンがおススメ!アレンジレシピを紹介

離乳食で朝ごはんに「パン」は手軽で良いですよね。私も子供の離乳食で朝ごはんにパンが大活躍でした。 ...

赤ちゃんの発達を促すには?知能に関わる刺激をご紹介!

赤ちゃんの発達には、どんな事がいいの?知能が発達するには? 親は「這えば立て立てば歩めの親心・...

赤ちゃんがお昼寝をするのはいつまで?赤ちゃんのお昼寝事情

赤ちゃんのお昼寝っていつまで続ければいいか悩みますよね! なんだかあまり眠そうではないけど無理...

受験はだれでも不安。泣きそうな気持ちは抑えずに吐き出そう

受験という重圧は、大きな不安で泣きそうな気持に追い込まれることもあるでしょう。 そんなときに必...

子供が保育園を嫌がる理由や対処の仕方について!

子供を保育園に入園させたけど泣いて行くのを嫌がる子供も多いものです。 泣いているわが子を見ると...

スポンサーリンク

勉強には鉛筆よりもシャーペン派。シャーペンと芯の選び方

◆意外に重要、重さと太さ

シャープはメーカーや種類によって意外と重さに差があります。重いと言ってもたかが知れていると思うかもしれませんが、長時間の勉強では手が疲れてしまうのです。好みもありますが、基本的には軽めのものがおススメです。本体の太さにも違いがありますので、文具店の店頭で実際に持ってみて自分の手に合うものを選びましょう。手持ちのシャープが細いと感じたら、鉛筆用のグリップなどで調節してもいいでしょう。

◆芯の太さは0.5ミリが基本

最近はシャープのバリエーションも増え、細いものだと0.2ミリ・太いものは2ミリほどまであります。勉強で使うなら0.5ミリが基本。0.3ミリは細かい書き込みには向きますが、芯が折れやすいのでオススメできません。小学生では書き方用など0.7ミリ以上が使いやすいかもしれません。また、濃さはHBかBが一般的です。柔らかすぎるとノートを汚しやすくなりますし、固いと見づらかったり、ノートの次のページまで文字の跡が残りやすいことがあります。

勉強にはシャーペンよりも鉛筆派。その理由とは?

1.折れにくさ
力加減が上手くできない小学生がシャープを使うと頻繁に芯を折ってしまいがち。集中が必要な場面で、ポキポキと芯を折るのでは気が散ってしまうかもしれません。鉛筆なら芯が折れにくく、集中力を持って勉強を続けられます。

2.濃さを加減できる
同じHBの鉛筆であっても、力を加減することで色の濃さを表現することができます。観察図や図画・美術なども表現の幅が広く、シャーペンではできない描き方ができます。

3.正しい文字の形を表現
シャーペンよりも芯が太く、柔らかい鉛筆は筆に近いタッチが表現できます。正しい漢字を学習するために必要な「はね・とめ・はらい」が見やすく、美しい字の表現が可能です。

4.鉛筆で脳が活性化
正しい持ち方を覚えると、指先に適度な負荷がかかります。使ううちに芯が丸くなったときに鉛筆を回転させながら使いますよね。これらの負荷や動きが脳に適度な刺激を与えて脳の活性化が期待できます。勉強の成績が上がるかも?

5.シンプル過ぎる構造がいい
シャーペンは一見手軽ですが、芯がペンケースの中で散乱したり詰まったりすることがありますよね。その点、鉛筆は鉛筆削りで削るだけ。壊れるパーツもないので丈夫です。

勉強で使う筆記具。センター試験はシャーペンより鉛筆で!

センター試験など、マークシート式の場合は原則として「F・H・HBのいずれかの鉛筆を使用すること」になっています。これは、解答を機械で読み取る際に、鉛筆の芯(黒鉛)に含まれる炭素が重要だからです。

鉛筆では、ほぼ100%が黒鉛なのに対し、シャーペンの芯は他の成分も含まれるので読み取りの確実性が落ちる可能性があるのだとか。かといって2Bなどの濃すぎる鉛筆を使用すると、間違えたときに消し残しやすくなってしまいます。HBを基本に、その前後の方さにするのが望ましいでしょう。

最近ではマークシート用の鉛筆と、それを消しやすい消しゴムがセットで販売されているものもあります。筆記問題ではシャープ、マークシートでは鉛筆と使い分けるという方法もあります。しかし、試験時間を通してみたときにタイムロスが生じるのは確実。

時間を節約して、問題を解くことに集中したいのであれば鉛筆のみにした方がいいのではないでしょうか。

勉強に向く筆記具は鉛筆でもシャーペンでもなくボールペン?

◆手に負担をかけない書きやすさ

鉛筆やシャープよりも軽いタッチで描けるのがボールペン。ほとんど筆圧をかけずに書くことができるので、手への負担が断然軽くて済みます。長時間シャーペンを使っていると、手を休めたくなることはありませんか?ボールペンはその頻度も少なくて済むはず。また、芯を出すためのノックがない、芯の補充が必要ないのもボールペンの利点です。

◆消しゴムに持ち換える換える作業がない

鉛筆やシャーペンを使っているときに書き損じたら、消しゴムで消して修正したくなるものです。ボールペンで書いていると、間違えても消せないと思っているから斜線を引くなどして書き直します。これで消しゴムとの持ち換え時間を無くすことができます。ノートを見ながら復習する場合、過去に自分がどんな部分で間違えていたのかを確認する意味でも、鉛筆やシャープよりもボールペンがいいという意見もあるのです。

勉強にノートを使うのは間違い?理解して覚えるのが目的です

勉強をする時に必要なものは何ですか?多くの人が鉛筆やシャープなどの筆記具とノートですよね。しかし、よく考えてみて下さい。勉強をすることは「ノートに書き込む」ことではなく「理解し、覚える」ことが目的です。

鉛筆などの消すことが可能な筆記具では、消せることへの安心感を持ったまま勉強しているようなもの。これでは鉛筆で書かれた文字だけではなく、脳にインプットした記憶も消えやすい状態。書き込んだノートが増えれば、復習に使おうとしたときに、かなりのページから欲しい情報を探さねばなりません。

しっかりと記憶することに重要なのは、繰り返し書くこと。ならば、ノートは必要ありません。安いコピー用紙や折り込みチラシの裏でも充分。ボールペンを使って、何度も書いて覚え、メモしたい重要なことだけをノートに書き留めていくといいでしょう。

 - 学校と教育