調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

【高校生必見】ダイエットしたい部活女子&部活引退後女子

2017.8.22

高校生にもなると、周りと自分を比較してダイエットを始める人も多いでしょう。

ダイエットはしたいけど部活でお腹が空くし、なかなか食欲を押さえることができませんよね。

そして、部活引退後は要注意な時期なようです。女子高生のダイエットぷち情報をお届けします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

太ももが綺麗になるダイエットとその期間を徹底調査!

細くてスラッとした太ももって憧れますよね! 「キレイな太ももになりたい!」と思っている女性は世...

黒ストッキングや黒タイツは何月まで履けるのか徹底調査!

春になってくると黒のストッキングは何月まで履けるかな?と思いませんか? 街の様子で黒ストッキン...

鏡より写真写りが悪いのは自分だけ?写真写りが良くなる方法

鏡の中の自分と写真の自分ではほとんどの場合、鏡に映る自分の方がよく見えませんか? 写真写りが悪...

朝ウォーキングは朝食前が効果的!?理由と代謝アップの秘訣

朝のウォーキングはダイエットにとても効果的なのはご存知でしょうか? その朝ウォーキングですが、...

ニキビの薬は化粧水の前?それとも後?ニキビ予防の方法について

ニキビができてしまったときに塗るお薬は、化粧水をつける前?それとも後に塗ったほうがいいの? ニ...

肌のキメは再生可能!?そのための必要な時間や具体的な方法とは

年齢とともに気になる肌のキメを再生させるのは可能なのでしょうか? また、肌のキメを再生させるた...

実は夏の長袖が涼しいと、今注目!さらに涼しい〇色とは

夏は長袖でも涼しい!?って本当? 暑い日は少しでも露出部分を増やして涼しく過ごしたい!そう思っ...

女性は年齢に合わせたブランド服選びを!世代別洋服の選び方

女性は年齢と共に、似合う洋服も変わっていきます。 トレンドも取り入れたいけど、長く着れるベーシ...

ネイビー色がもつ心理状態とは?青が好きな人は○○な人!?

「ネイビー」とは、一般的に【紺色】を指していますよね! 洋服やポーチやバッグなどのアイテムでも...

ダイエットをして痩せたけどお腹の皮が余る!こんな時の対処法

せっかくダイエットをして痩せても、お腹の皮が余ってしまったらなんだか悲しいですよね。 ダイエッ...

女性の手が綺麗だとついみてしまう。キレイな手の作り方

綺麗な女性は手も見られています。「手」には生活感や年齢が表れやすいって知っていますか? 家事や...

女性の化粧は時代と共に変化している!化粧の誕生~現代まで!

どの時代も女性という生きものは化粧をしてきました! 女性という生きものが化粧をしなければならな...

ファンデーションの違いについて リキッドとクリームの特徴

ファンデーションにはリキッド、クリーム、パウダーなど様々な種類がありますが、それぞれの特徴を知ってい...

スポンサーリンク

【高校生】部活やりながらでもできるダイエット

高校生はダイエットを始めたいと思っても、ハードな部活でお腹はペコペコ。食事制限には辛いものがありますよね。これはぜったい食べちゃダメ、というダイエットはストレスもあり長続きしません。押さえていたストレスが爆発し、ドカ食いに走るなんていうパターンに陥ったことがある人も多いのでは!?

食べ方に少し気を付けるだけでも違いますよ。

〇ご飯やパン、麺類などの炭水化物を多く取り過ぎない。
炭水化物を多く取るなら朝か昼に摂り、夕食は極力少なめにしましょう。
〇タンパク質は必ずとる
納豆や豆乳などの大豆製品もタンパク質が豊富です。豚肉は貧血予防にも効果的です。
〇緑黄色野菜を積極的にとる
色の濃い野菜や旬の野菜には栄養素がたっぷり含まれています。生だと、あまり量が食べられないので、煮たり炒めたりするのが良いでしょう。スープだと、お湯に溶けだした栄養も無駄なく摂取できるのでおススメです。主食は野菜、というぐらいたっぷりと野菜を食べましょう。
〇マヨネーズやバターは脂分が多いので避ける
ドレッシングはノンオイルのものを選びましょう。
〇おやつが食べたい時は果物を
果物は血糖値の上がり方がゆるやかなので、おやつが食べたい時には最適です。中でも、バナナやグレープフルーツがおすすめです。
〇水をたくさん飲む
部活などで大量の汗をかくので、水分はたっぷりと取りましょう。硬水の水は便秘にも効果があります。

部活引退後の高校生、ダイエットを考える人が多い

高校生が一番太りやすい時期…。それは部活を引退した後です!部活を引退して、消費カロリーは減っているのに、体は部活中と同じ量の食べ物を欲しがってしまう…。摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまい、結果太ってしまうのです。

痩せたいと思うなら、まず本気で痩せると決断して下さい。曖昧なダイエットは、食欲の誘惑にすぐに負けてしまいます。

・お菓子の買い置きは少しづつ減らしていく
・おかわりしたい時には5分待つ
・食べ終わったら、すぐに片付ける
・ストレスを食べることで発散しない
・食事が終わったらすぐに歯を磨く
・お風呂は長めに入り、新陳代謝を良くする
・ご飯が好きなら白米より玄米ご飯を食べる

そして、我慢ばかりだと長続きしません。たまには、頑張っている自分にご褒美も良いでしょう。

高校生の部活女子、筋肉太りのためのダイエット

現役の部活少女で、筋肉太りが気になるという人も多いのではないですか?

筋肉を触ると硬い人が多いと思いますが、それは筋肉に乳酸が溜まっている証拠です。乳酸は筋肉の動きで発生する疲労物質です。体内に乳酸が溜まると筋肉が硬くなってしまい、動きも悪くなります。そうすると、体は筋肉の量を増やし、体内の乳酸の割合を減らしはじめます。その働きにより、乳酸と筋肉の増やし合いで悪循環へと陥ります。

筋肉太りを予防するために、筋肉は使ったら必ずほぐすということが必要です。筋トレは筋肉を鍛えるためのもので、アフターケアではないのです。一見、筋肉を使っているという実感のない、自転車での通学なども立派な筋肉を使う行為です。でも、自転車通学のアウターケアをしている人というのはほとんどいないでしょう。

知らない間にも筋肉は使われているので、毎日筋肉をほぐしてあげることが大切です。使った筋肉をそのままにしておくと、疲労により生まれた乳酸が溜まり、硬い足になってしまいます。

一日の終わりには筋肉をほぐしてあげましょう。足腰のストレッチや、お風呂での脚のもみほぐしやマッサージを行い、その日のうちに足をリセットしておくことが重要です。

ダイエットを長続きさせるなら、日常生活をダイエットモードに

ダイエットにはさまざまな種類があり、実際、幾つかのダイエット法を試した方も多いのではないですか?逆に、ダイエットらしくないダイエットというのもあります。それは、日常の生活を少し変えて太りにくい生活を送るというものです。

朝は眠くても、スピーディーな行動を意識すると、体温が上がり交感神経が優位になり、カロリーが消費されやすい状態になります。女性に多い、低体温や貧血、低血圧などで体がだるいなどといった場合には、エネルギーの消費量も落ちています。

体が重いからとダラダラと過ごすより、体をより多く動かし、体にスイッチを入れてあげましょう。食事制限はしませんが、食べ方に注意しましょう。『よく噛む』、よく聞く話ですが、実際できている人は少ないのではないでしょうか。一口に付き、30~50回よく噛んで下さい。

よく噛むことのメリット
・早食いの防止
・満腹中枢が刺激される
・消化もよくなり、便秘解消に
・顔の筋肉も使われ小顔効果がある

などの効果があります。よく噛むための食事として、柔らかすぎる食材を避け、歯ごたえのあるものにするのもおススメです。

10代女子ダイエットのために、みんな何を気を付けているの?

10代の女子にダイエットのために、気を付けていることを聞いてみました!

◇お菓子を控える
◇登下校の自転車通学でカロリー消費
◇勉強中に、足の間に辞書を挟んでいる
◇小腹がすいた時には、食物繊維が入っている蒟蒻ゼリー
◇食べ過ぎた時には運動する
◇晩御飯を食べたらすぐに歯磨き
◇テレビを見ながらできるダイエットマシーンを使う(約15分)

皆さんいろいろな努力をされているのですね。しかし、10代は体が作られる大切な時期です。人の目が気になり、ついつい自分と他人を比較してしまい、自分が太っていると思い込んでいる人もいます。

無理で無謀なダイエット法は、必要な筋肉までも落としてしまい代謝の悪い体になってしまうこともあります。代謝の悪い体はエネルギーが効率よく消費できず、結果、太りやすい体になります。すぐに結果を出したいからといって、無茶なダイエットを行うと、どんどん痩せにくい体になってしまうのです。

 - 美容とファッション