調べることには価値がある。

調べることには価値がある。│日刊シラベル

夜中にメールを送る心理から読み解く好意を寄せているサイン

2017.8.26

気になる異性から夜中にメールをもらうと、なぜかドキッとしませんか?もしかして自分に気があるのかと気になりますよね。

夜中にメールを送るのは、ある特別な心理が働いているからかもしれません。あなたに好意を寄せているサインかも・・・!?

どんな心理なのか、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

彼女の部屋がピンク!彼が居心地が悪いと感じる女性の部屋とは

「彼女の部屋に初めて行ったけれど全体がピンクだった!」「ピンクでもセンスが良ければ大丈夫!」 ...

【独身と既婚の見分け方】もう騙されない!既婚男性の特徴とは

気になるあの男性、指輪をしていないけど独身?既婚者?見分け方はないの!? 婚活女性にとって、気...

再婚するとき子供は邪魔じゃない!幸せになるための方法

もう一度再婚をしようと考える時に、正直なところ子供がいることがパートナーにとって邪魔になってしまうと...

婚活女子必見!憧れの医師と結婚して幸せになる方法

医師との結婚は婚活中の女性も希望している人が多いのではないでしょうか? 裕福で幸せそうなイメージの...

男女の恋愛の沸点は違う!違いを知って片思いを成就させる!

男女の恋愛の「沸点」はどんなふうに違うのでしょうか? 男女の脳には違いがあると言われています。...

もう25歳!彼氏いない歴=年齢を脱却するためにできること

25歳にもなるのに彼氏いない歴が年齢と一緒だなんて、焦ってしまいますよね。 でも、どうしたら彼...

結婚式で黒字にする方法はある!?結婚式のお金事情について

結婚式は何かと費用がかさむものですよね。結婚式では赤字になるのが一般的なようです。 では結婚...

彼氏との同棲はストレスが付きもの。こうやって乗り越えよう

楽しいはずの彼氏との同棲生活!いくら好きでも一緒の暮らすとなるとストレスが!? ではみんなはど...

彼女と長く付き合っていくには電話の切り方も大切!

彼女と電話で楽しいひと時を過ごし、電話を切るときに適当に切っていませんか? 電話の切り方次第で...

プロポーズ!彼女に指輪を渡すタイミングはいつ?最高の渡し方

お付き合いしている彼女との結婚を考えている時、プロポーズをするシチュエーションに悩んでいる男性もいる...

彼氏・彼女に言われたい!仕事で疲れている時に言われたい言葉

お付き合いしている彼氏や彼女が仕事で疲れていたり落ち込んでいる時、恋人としては何か力になりたいと思い...

韓国人と結婚して幸せになるには、文化の違いを知ることが必要

韓国人の男性は優しいと言います。 テレビに映る、韓国のアーティストや俳優に憧れる人もいるでしょ...

男性は彼女という存在に何を求めているのか

男性にとって彼女とはどんな存在なのか。また、どんな存在でいて欲しいのか。彼女に求めるのは、どんなこと...

夫がプレゼントをしてくれないとモヤモヤしている奥様へ

夫がプレゼントをしてくれない、という奥様は実に6割もいるのです! 夫は、一番大切な存在である妻...

大阪旅行に行こう!彼女と行くならココがおすすめの場所です!

彼女と大阪旅行に行こうと考えている男性諸君!旅のプランを決めるのに悩んではいませんか? 大阪に...

スポンサーリンク

夜中でもすぐにメールが来る心理とは?

夜中にメールが来たらドキッとしますよね。もしかしたら女性からメールが一日来なかったのが気掛かりで、夜遅く帰宅した後にメールをしたのかもしれません。その場合は完全に脈アリと言えるでしょう。

メール後すぐに返信があるのは、男性が相手の女性に好意を寄せているサインです。これは、男性に限らず女性にだって言えることですよね。仕事が忙しい中、何とも思っていない女性に返信するのはとても面倒なものです。

ですがそれを面倒と思わず、すぐに返事を返すというのは、間違いなく相手の女性に好意を持っている証拠なのです。もしあなたの好きな男性から来るメールが比較的早いのであれば、安心して恋を続けても大丈夫です。

ただ注意したいのが、メールにマメな男性が中にはいるということ。誰に対してもマメですぐに返信する人もいますので、メールの返信速度だけで好意があると決めつけるのは危険です。

それに女性に対してマメにメールが出来る人は、ある程度女性に慣れている人で、女性の扱いも上手な人なのかもしれません。もし共通の友人がいるのであれば、彼のメールについてそれとなくリサーチしてみるのも良いかもしれません。

夜中にメールをやり取りすると心理的に恋愛感情を持ちやすい?

意外と簡単にその時のムードやその日の気分によって流されやすいのが男女関係であり、人間の心理でもあります。実は、本能が出やすく警戒心も解けやすいのが暗闇と言われています。

ある実験で、明るい部屋と暗い部屋に男女数人のグループを入れしばらく時間を置いたところ、明るい部屋では男女別々に離れているのに対し、暗い部屋にいた男女は肩を抱き合ったり、中にはキスをするペアもいたとか。心理学でも実証されているのですね。

ナンパも昼間より夜の方が成功しやすいですが、これも暗闇効果があるからです。これはナンパ師の間でも有名です。夜は就寝前ということもあり、寝付く前に好きな人の事を考えたり、またメール相手の事を色々考えたりしやすいものです。

恋愛感情は、相手の事を考えれば考えるほど増していくものなので、寝る前のリラックスタイム時はまさにベストタイミングと言えますよね。夜にちょっとメールするだけで好意も芽生えやすくなりなますし、相手もあなたのイメージを残したまま寝ることで、夢の中に登場する可能性だってあります。

メールをやり取り中に寝落ちしてしまうと、返事がないことでお互い心配にもなりますよね。夜中のメールは異性として意識させる絶好のチャンスでもありキッカケにもなります。

朝や昼よりも夜にコミュニケーションを取ってみてください。夜は仲良くなりたい、恋人が欲しいなどの欲求も開放されやすいので、恋愛に発展する可能性も高くなります。気になる異性には、それとなく夜中にメールをしてみては?恋愛に発展するかもしれませんよ。

夜中のメールやLINEで○○するのはずっと話したいという心理から

相手が「寝たフリをする」行為は、脈アリということです。それはどういうことなのでしょうか?

実は、寝たフリをするのは「いつまでもあなたとLINEをしていたいから」なのです。男性は気になる女性とはいつまでも会話をしていたいものです。その気持ちがこの「寝たフリ」という行為に表れるのです。

例えば、あなたが寝そうになる時間になると決まって返信がなく、次の日の夜に何事もなかったように返事が返ってきたりします。こうして無限ループができるのです。これはまるで「寝落ちするギリギリまであなたとLINEしているんだよ」「次の日もLINEしてね」と伝えているようなものなのです。

また、文面にたくさん「?」をつけてくるのも脈アリの証拠です。できるだけあなたと会話を続けたいがために、たくさん質問をしてくるのです。興味のある証拠ですし、自分のことが気になっている決定的なものでもあります。

だれも興味がない人に質問なんてしませんよね。会話だって早く終わらせたくなります。これはお互いに知り合って間もない時に最も多く見られます。

男性は心理的にメールは単なる連絡手段としか捉えてない?

男性は女性と違ってあまりマメにメールはしませんよね。それは、あくまでも用件を伝える手段としか考えていないからです。

男性の心理としては、いつどこで待ち合わせするなどの用件をただつかう手段にすぎず、コミュニケーションの手段としては考えてない節があります。これは特に大人な男性になればなるほどその傾向が強くなります。絵文字を使うことも減るでしょう。

マメな人やそうでない人がいるように、その人の性格にもよりますが、もし彼からくるメールが素っ気ないとしても、それは男性の心理であって諦めるしかないのかもしれません。男性は用件を伝えるだけでしか考えてないということが多いのです。

あなたが「明日も仕事頑張ってね、おやすみ」と夜メールをしたとしても、返事が「うん、おやすみ」の一言かもしくは返信すらしない場合もあるのです。あなたのメールを見てそれで用件が済んだと理解してしまうのです。

もしかして嫌われた?心変わりした?と不安にもなるでしょう。しかしその程度で不安になるのはやめましょう。男性は基本的に「めんどくさがりな生き物」だということを覚えておいてください。

メールや電話から心理を読み取って恋愛につなげよう!

電話やメールがたくさん届くのは好意がある証拠です。男性は女性にとことん惚れこむと、理路騒然とした行為はとれなくなり、男性の脳細胞は恋愛ホルモンでいっぱいになります。

飼っているペットの写真と一緒にコメントを長々と送ってきたり、夜中近くに意味不明なメールが届いたりするのは、こちらからすればただ迷惑なだけですよね。ただこの行為はれないホルモンによって脳内がエキサイトしている一時の状態なので、すぐに理性でもどります。その彼を、あなたは包み込むだけでいいのです。

男性には積極的なタイプと消極的なタイプがいますが、どちらも長所や短所があり憎めない存在です。婚活では積極的なタイプの男性が好まれ、女性側が誘いを受けるというのが定番です。男性に恋心を抱くのは健全な姿です。

近年、独身で恋人のいない男女が急増しています。男性心理を知って、好意があるかどうかを見抜く力も必要なのです。

 - 恋愛と結婚